愛知で見つけたアート島 〜アクセスも容易な離島『佐久島』の魅力をご紹介

突然ですが…皆さんは、離島を訪れたことはありますか?

離島

離島と言うと普通はあまり訪れない場所というイメージがありますし、無人島などのイメージが思い浮かぶという人も多いんじゃないかと思います。

それに日本のような島国には離島はたくさんありますし、都市部や湾からも近くて結構訪れやすい離島はたくさんあるんですよ。

※もちろん行くのが大変な離島もあれば、ほぼ無人島のような離島もありますけどね。

・・・

とまあ、こんな風に言っている私ですが…

離島に行ってみた

先日、地元にある離島に人生で初めて訪れたんです。

その離島がすごく素敵な島だったので、今回はブログを書いて紹介したいと思います。

・・・

私が住んでいるのは愛知県名古屋市。

愛知県名古屋市

説明するまでもなく愛知第一の都市ですね。

で、一応愛知出身・在住ではあるんですが、名古屋に住んでいると、正直なところ愛知のほかの地域に訪れたりする事ってあまりないんですよね。

※旅行ってなるとやっぱり関西や関東の方へ出かけますし、普段は名古屋から出なくてもあまり困らないので。

女性とおしゃべり

なので、名古屋出身といっても県外の人と話をしていて「この前、愛知県に行きましたよ〜」って言われても、私の知らない話をされる事もしばしば。

・・・

そんな私なんですが、先日、関西に住む従兄弟と叔母さんが愛知旅行に来ていて。

我が家に留まっていたんですが、その際に…

佐久島

「佐久島っていう島に明日行きたいと思っているんだけど、行ったことある?」と聞かれました。

私はないと答えたんですが、せっかくだから一緒に行こうよ…と誘われたんです。

※正直なところそんなに興味があったりはしなかったんですが、従兄弟とは仲もいいですし、次の日休みだったので、まあ付き合おうかな〜、と思って翌日、佐久島観光について行ったんです。

佐久島観光

そしたら、これが思っていた以上に楽しくて。

※地元の魅力再発見とともに、もうちょっと愛知の観光地なんかにも遊びに行っていいなと思わされることになりました。

・・・

佐久島は三河湾のど真ん中に浮かぶ離島。

※三河湾は地図でいうと愛知の口みたいに広がっているところですね。

三河湾

陸地からは10km程度の距離の海上にあるので、比較的訪れるのも容易な島。

そのため本土との交流も盛んで、文化的に断絶されていることはないですが、れっきとした離島なんです。

佐久島アート

離島ならではの雰囲気や自然・文化というものが息づいているとても素敵な島でした。

※面積は1.81kmで、紀元前3000年ごろから人が住み始めたという、歴史も長い島なんだそうです。

昭和のころは1,000人近い人が住んでいましたが、現在の人口は250名ほどになっているとの事。

・・・

島へは西尾市の一色港との間を船が1時間半に一本くらい往復していて、所要時間も30分程度と、割とすぐに到着します。

佐久島の港

到着すると、その港町の雰囲気や島の美しさに圧倒されます。

海辺の美しさもそうですし、民家のレトロな雰囲気など、町の雰囲気だけでもすごく楽しめますね。

※あまり大きくはない島なのですが、見どころは非常に多く自然が豊富なので海にも緑にも触れ合うことができます。釣りもできるし、バーベキュー場や海水浴場なども完備。”レジャー”で思いつくものを全てできるようにしたと言えますね。

グルメもおいしいし、いたるところで見られる風景も美しいし、日帰りじゃ魅力を楽しみ切れないなというくらいなんですが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私が個人的に今回一番楽しんだのは、”佐久島アート”の数々。

佐久島では1996年からアートによる島おこしに取り組んでいて、島の至る場所にアート作品が展示されています。

※一年を通じてそれらのアート作品を巡るスタンプラリーも開催されていますし、アート関連のイベントも多数開催されているんだとか。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

アート作品には、本格的とうか「まさしくアート!」っていうものもあれば、地元市民の方が作成した温かみある作品も多数。

真面目に考えさせられる作品からちょっとユーモアのあるものもあり、実に様々。

※訪れる先々にいろいろな作品があるので、気が付いたら「この辺りにはどんな作品があるのかな~」と期待して探してしまう自分がいました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

自然と調和している作品もいいですが、個人的には自然の中にいかにも人工物というアート作品がある風景がすごく好きでした。

・・・

自然に関するレジャーからアートまで、なんでも楽しめてしまう佐久島。

愛知県外からでも訪れる価値ありだと思いますし、愛知に住んでいるけど知らなかった、という人にもぜひ一度訪れてみてほしいです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私ももっと愛知の地元のこと、色々と知っていかなきゃいけないな~、と感じましたし、これからまた色々なところに訪れたいと思います。

・あわせてチェック
愛知の出会い愛知(割り切り出会い掲示板)愛知の童貞