岡山が誇る地酒!大典白菊・酒一筋・冬の月

こんにちは、岡山市在住の大学生です。
生まれも育ちも岡山で、地元のことはすごく好きです。

バーベキューでビール

僕は昨年20歳になったところで、ようやく20歳、ということでお酒を飲み始めました。

これまで飲んだことなかったですし、アルコールテストなんかもしたことはなかったので、自分がどれくらいお酒が強いのか、体に合うのかは未知数だったのですが…

アルコールには強い体だったようです。

リモート飲み会

しかも、味といいますか、お酒自体すごく好きだということが判明して、今では大学関連の飲み会はもちろん、自宅でも、ちょくちょくお酒を飲んだりもしています。

ビールをすすめる父親

父親も、僕とお酒が飲めるのが嬉しいらしく…僕が飲んでいるとどんどん勧めてくる始末です。(笑)

まだお酒も飲み始めたばかりですし、基本的にはビールを飲むことが多いんですが、父と一緒にお酒を飲むうちに、日本酒だったり、ワインだったり、色々なお酒の魅力にも少しずつ気付いてきました。

こうして、僕のお酒の世界がちょっとずつ広がっています。

日本酒作り

お酒って興味が出てくると、飲み方や味などについてはもちろん、歴史とか、背景とか生産地のこととか、色々調べたくなっちゃう人は多いと思います。

僕も最近は日本酒のこととか、ワインのこととか、色々ネットで調べたり、家族や知人とそんな話をしたりしています。

岡山の地酒

そんな中で知ったのが、地元の岡山でも結構いろいろな日本酒が作られているということ。

もちろん、酒蔵の1軒や2軒、全国どの地域にもあるものなんだろうなとは思っていましたが、調べると結構岡山の日本酒って、色々あるんですよね。

岡山の田んぼ

まあ確かに岡山って田舎ですから田んぼも結構あるし、お米の生産は盛んな感じがしますから、日本酒造りが盛んでもおかしくないのかな、と思ったんですが。

岡山・雄町米

実は岡山の「雄町米」というお米は、酒米として全国的にも有名な特産品でもあるようで、ものすごく日本酒造りが盛んな地域なんです。

岡山のお酒は伝統的に「うま口」といわれる味わいが特徴なんだとか。

勝山の酒蔵(岡山県真庭市)

100年以上続いているような老舗の酒造もいくつもありまして、よく見ると家でよく父が飲んでいる日本酒も岡山産のものでした。

…ちょっと嬉しくなりましたし、誇らしくもなりましたね。

でも、僕と同じように、岡山産の日本酒っていうイメージをあんまり持っていない人も多いんじゃないかなと思いますし、この機会にそんな岡山の日本酒を紹介したいと思います。

・・・

まず紹介したいのが…

TETSUYAさん(@tetta_hos)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「大典白菊」です。

名前からしてもなんというか、迫力のあるお酒ですが、製造のこだわりや味からもすごみを感じられるお酒です。

100年以上の歴史を持つ白菊酒蔵で作られていて、岡山特産の酒米を中心に、自社で復活させた独自の酒米、無農薬の酒米など、とにかく原料の米にこだわって作っている徹底ぶり。

kazさん(@kazkozy)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

岡山らしさも意識していて、「うま口」と「キレ」がバランスよく同居した味にはファンも多いんだとか。

僕も一度お店で飲んだことがありますが、確かに、バランスがいいというか、誰でも美味しく感じるような素晴らしい味でした。

参考:大典白菊オンラインショップ

・・・

お次が…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「酒一筋」というお酒。

名前からしてユニークですが、名前通りの熱い想いのこもったお酒です。

asayanさん(@joyfulphoto_0403)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

製造する「利守酒造」は、今年で150周年を迎えた、赤磐市の軽部地域の酒造。

この地域は雄町米の中でも特に良質な品種「キヨビシ」がとれるということでかつては知られていましたが、いつしかそのキヨビシの栽培も途絶えていました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんなキヨビシを復活させ、その地元の米を使い、地元の水を使い、地元で酒を造ることにとにかくこだわっているという、熱すぎる酒蔵がこの利守酒造なのです。

こちらも岡山らしい「うま口」で、日本酒ファンからの支持が熱い一本です。

参考:幻の雄町米を復活させ米作りから酒を醸す。酒一筋 | 利守酒造

・・・

そして最後に紹介したいのが、我が家でもよく飲んでいるお酒…

Takeshi Tさん(@da_krfj)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「冬の月」

名前の通り冬季限定のお酒なので、現在購入することはできないのですが、浅口市にある「嘉美心(かみこころ)酒造」という、人気のある老舗酒造で作られている日本酒なので、知っておいて損はないですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「嘉美心酒造」は1913年創業という、100年以上続く老舗で、現在は2つの蔵で日本酒を作っています。

その中でも、季節限定ながらリーズナブルで人気のある商品が冬の月なんですが、冬の岡山の日本酒売上ランキングでは常に上位にいる人気銘柄。

森本美恵さん(@mietaro3)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

米のうま味を生かした、やや甘めの優しいお酒で、僕のような初心者でも美味しくいただけました。

「嘉美心酒造」では「名宝」や「佳宝」といった、名前からして高級な日本酒もラインナップ。スパークリング純米酒やヨーグルトリキュールなんかも販売しているので、お気に入りの一本が誰でも見つかると思います。

参考:冬の月 – 嘉美心酒造株式会社

岡山の美味しい日本酒

いかがでしたか?皆さんにも是非、岡山の日本酒を飲んでみてほしいですし、岡山は他にもおいしいものがたくさんありますから、是非一度来てみてくださいね。

・あわせてチェック
岡山の出会い岡山セフレ岡山(割り切り出会い掲示板)岡山でママ活