福島の魅力を発信したい 〜見るたびに色が変化する『五色沼』は、まさにインスタ映えの聖地だった

私は福島在住の21歳、女子大生です。

カメラが趣味の女子大生

趣味はカメラで、毎日インスタにお気に入りの写真をアップしています。

以前は福島県内のB級グルメや野良猫の写真を中心に撮影していましたが、最近では福島の美しい自然やパワースポットを中心に撮っています。

・・・

私は生まれも育ちも福島。

※写真を始めたきっかけは、日本のみならず、世界中の人に福島の魅力を伝えたいという想いからでした。

雪化粧をした滝谷駅

試行錯誤しながら、コツコツ写真を撮り続けて2年。

インスタのフォロワーも増え、私の写真を見て福島へ旅行に行きたくなったという人もけっこういるんです。

・・・

こうした積み重ねが少しずつ、自信へと繋がっていきました。もっともっと、福島の魅力を発信したいという想いが強くなり…

五色沼

以前からずっと気になっていたパワースポット“五色沼”へ向かうことにしました。

福島県・磐梯高原にある“五色沼”は、大小30ほどの湖沼が点在する景勝地。その湖沼群の水面は、季節や天候などによって様々な色に変化するんです。

私はこの五色沼の神秘的な魅力を、写真を通して多くの人に伝えたいと思っています。

・・・

五色沼は磐越道猪苗代磐梯高原ICから車で約30分。

沼一帯は、磐梯朝日国立公園の特別保護地区に指定されていて、今もまだ手つかずの自然が残るエリア。

五色沼自然探勝路出典元:五色沼自然探勝路 | 裏磐梯ビジターセンター

ハイキングコースも充実していて、「五色沼自然探勝路」は、全長約3.6km、所要時間約1時間10分の初心者向けコースになっています。

※平坦な道ですが、舗装されていないので、動きやすい服装・履き慣れたスニーカーで行動することをオススメします。

裏磐梯ビジターセンター(五色沼自然探勝路入り口)

五色沼入口は標高約790m、そして出口は標高約830mです。

この事から分かるように、五色沼自然探勝路は激しいアップダウンが少なく、なだらかな道が続いています。

※普段ハイキングやトレッキングをしないという私のような女子大生でも、気軽に楽しむことが出来るんですよ。

・・・

入口から歩いて5分程度で、早速…

毘沙門沼

五色沼最大の沼“毘沙門沼”が出現します。

美しいエメラルドグリーンの水面があたり一面に広がり、その美しさに感動。福島にこんな神秘的な場所があったなんて、本当に驚きました。

緑に色づく毘沙門沼

しばらく沼周辺を歩いていると、水面の色が少しずつ変化していることに気がつきます。

※淡い水色や濃い青、エメラルドグリーンやスカイブルーなど、見ているだけで心が癒されます。

見る方向や角度によって、その色合いは変わるので、目を離す暇がありませんでしたね。

※夢中になって撮影していると、あっという間に1時間が経過していて驚きました。笑。

毘沙門沼とボート

さらに、この沼ではボートに乗ることも可能。

貸し出し期間は4月〜11月、30分700円で利用することができます。水上から絶景を楽しむのもオススメですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

沼には、幸せを招くと言われている「ハートの鯉」がいることでも有名です。

※左下腹部にハートマークがあるのが特徴で、毘沙門沼のボート乗り場付近を泳いでいる可能性が高いそうです。

カップルでハイキングがてら訪れ、ボートに乗ってハートの鯉を探す…そんなロマンチックなデートが楽しめそうですね。

・・・

そして、第一展望台にある売店では、鯛焼きならぬ…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「コイこい焼き(鯉焼き)」が販売されています。

インスタ映えするスイーツ、鯉焼きは300円。お腹の赤いハートがとってもキュートです。

・・・

さて、毘沙門沼から歩いて25分ほどの場所にあるのは…

赤沼

“赤沼”です。

この沼の周辺に生えている草木の根元はほんのり赤茶色に染まっていて、それが“赤沼”の名前の由来にもなっています。

※ちなみに、これは水に含まれた鉄分が変色して起こった現象だそうです。

・・・

そして、赤沼の近くには…

みどろ沼

3色の水を持つと言われている“みどろ沼”もあります。

この沼は、場所によっては水質や水深などが異なり、微妙な色の違いが生じます。

その日の天候によっても、色の変化を楽しむことができるので訪れるたびに、違った景色を堪能できちゃう沼なんですよ。

・・・

みどろ沼から20分ほど歩くと見えてくるのが…

弁天沼

“弁天沼”です。

ここはコバルトブルーの水を持つ沼で、見る角度や場所によって色の濃さが変化します。

※ちなみに、近くの展望台からは弁天沼と簗部山、西吾妻山を一望することが可能です。

目に映る景色全てがインスタ映えスポットで、シャッターを押す手が止まりませんでした。笑

青沼

さらに5分ほど歩くと、“青沼”が見えてきます。

こちらは小さな沼ですが、青白い水面は存在感たっぷり。まるで絵画のような風景に、思わずうっとりしてしまいます。

カルシウムと硫酸イオンを多く含んでいて、水中には沼の色に大きな役割を果たしているウカミカマゴケが繁茂しているみたいです。

・・・

青沼から約10分…

柳沼

最後に訪れたのが“柳沼”です。

“柳沼”は水の透明度が高く、周囲の木々が湖面に映し出される様子は鮮やかで、最もインスタ映えする景色と言えます。

柳沼の紅葉

五色沼の中では、特に紅葉を楽しめる場所で、秋には紅く色付いた樹木が沼を囲みます。

※五色沼周辺の紅葉の見頃は、例年10月中旬から11月上旬頃。

この時期には確実に良い写真が撮れるので、カメラが趣味という方は一度訪れてみてくださいね。

インスタ映えする五色沼

福島のパワースポット“五色沼”はまさに、インスタ映えの聖地でした。

※この日も福島の魅力を存分にアピールできる写真を撮影する事に成功でしたね〜。

まだ福島を訪れたことがないという方は、ぜひ一度カメラを片手に“五色沼”を観光してみてください。

・あわせてチェック
福島の出会い福島セフレ福島(割り切り出会い掲示板)福島の童貞福島でママ活