エメラルドグリーンに輝く”泉が森”が神秘的 〜茨城『泉神社』まで婚活を成功させるために祈願してきました

皆さん、こんにちは。茨城在住、46歳になる無職の男です。

茨城在住・独身の46歳

私の夢は…50歳になるまでに結婚することです。

そして、今年は本気で婚活を成功させるために仕事を辞めました。

※「なんで仕事辞めたの?無職の男と結婚したい女性なんていないだろう!笑。」と友人には笑われるのですが、結婚が決まらなければ“頑張って家族のために働こう!”というエネルギーが湧いてこないのです。

まずは結婚を前提に交際してくれる彼女を作ることが、私の人生にとって一番重要な事だと考えています。

・・・

私の暮らす茨城県には、縁結びにご利益があると言われているパワースポットが数多く存在しています。

その中でも、特に強力なパワースポットが茨城県日立市にある…

泉神社(茨城)

『泉神社』だと言われています。

※その噂を聞きつけた私は早速、地元・泉神社へと向かったのでした。

・・・

茨城にある『泉神社』はJR常磐線大甕駅から徒歩10分のところにあります。

茨城・泉神社(本殿)

決して大きな神社ではありませんが、鳥居を潜り参道を進むと、不意に心が洗われるような気がしました。

※水木浜の海ほど近い、緑豊かな自然あふれる神社境内は空気が軽く、心が癒されます。

そして、泉神社の隣には”湧水地”があります。

泉が森(茨城県日立市)

湧水周辺と泉神社の境内の森林地帯は、「泉が森」と呼ばれ、この場所も神社同様、古くから人々に親しまれてきた場所です。

・・・

社記には「霊玉が天から降りてきて、水が湧き出て泉となった…」という言い伝えが残っているそうで…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この霊玉を神格化し、祀ったのが泉神社の祭神「天速玉姫命(あまつのはやたまひめのみこと)」と言われています。

これはご利益がありそうですね!

・・・

さらに、ここが縁結びのパワースポットとされるのは…

常陸風土記の丘(茨城県石岡市)

「常陸国風土記」に、”夏の暑い頃になると、男も女もここに集まり飲んで遊び楽しんだ…”という記録が残っているからです。

※常陸国風土記(ひたちのくにふうどき)は、奈良時代初期の713年に編纂され、721年に成立した、常陸国(現在の茨城県の大部分)の地誌。

願を掛けると泉が反応して答えを返す…という不思議な言い伝えもあるのだとか。

泉が森の水面

すなわち、この泉は昔から多くの男女を引き寄せる”交流の場”だったのです!

きっと、数多くのカップルが誕生したことでしょう。今もそのご利益にあやかろうと足を運ぶ人が絶えないそうです。

※もちろん、私もそのうちの一人です。笑

泉が森の祠

小さなお社(祠)のそばにある湧水は、言葉を失ってしまうほど美しく…

しばらく、その場から動く事ができませんでした。

※本当に湧き水がそこにあるのだろうか?と疑ってしまうほどの透明度。この世のに存在しているものとは思えないほど、鮮やかなエメラルドグリーン。

泉が森の湖の底

エメラルドグリーンの色は一見、“水の色”のように思えますが、実は泉の底に広がる砂の色。

この砂は海に由来する砂で、淡いブルーの砂や貝殻の欠片などが集まり、この美しい色を作り出しています。

※あまりにも水が澄んでいため、膝ぐらいの深さに見えますが、実は深いところで水深1.5メートルほど。湧き出ている水の量は1分間で1,500リットルというのにも驚き。

東日本大震災発生当時は、一週間も何も見えないほど濁った湧水ですが、10日後にはまたもとのように澄み渡ったと言われています。

・・・

そんな『泉神社』は、紀元前42年にこの地に鎮祀されたと伝えられていて、茨城では一番古い神社とも言われています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2000年以上も前からこの茨城を静かに守ってくれているんですね。

ちなみに、湧泉は古来より茨城の飲料水とされていましたが、現在は水質の低下で飲料水としては使用できなくなっているそうです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

泉にお賽銭を投げることは絶対にNG!みなさんも茨城観光で訪れた際には、注意して参拝してください。

・・・

泉神社を参拝したあとは御朱印を書いていただきました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして”水みくじ”にも挑戦。

※水みくじは社務所で200円を納めて受け取る事ができます。

ただの「おみくじ」ではなく「水みくじ」になっているのは、運勢を占うだけでなく、聖なる湧水に触れるきっかけを作って欲しいからとのこと。

茨城・泉神社の木鼻と垂木

この日はたっぷりと、泉神社を堪能し、身も心も清められたように思います。

・・・

天速玉姫命(あまのはやたまひめのみこと)を祭神とし、大漁満足をはじめ、縁結びの神としても有名な泉神社。

※神社の脇に、鮮やかなエメラルドグリーンの泉は、本当にいつまでも眺めていたくなる美しさでしたね。

ようやく参拝を終え、帰ろうとした…その時でした。

”泉が森”付近で聞いた女性の声

近くを歩いていた女性2人組の話し声が聞こえてきたんです。

「やっぱりさ、結婚するなら茨城でちゃんと定職に就いている人がいいよね。私の彼、フリーターだから、結婚は考えられないかな…。」

「フリーターだったらまだいいじゃん!もっとありえないのは私の彼氏!無職の男だよ!?絶対に結婚なんて考えられない!」

泉神社で見かけた女性

はっきり言って…衝撃的な会話でした。汗

これから無職を突き通して、彼女を作ろうと考えていましたが、この瞬間にやっぱり再就職することに決めました。

※こうして考えを改める事ができただけでも、既に茨城・泉神社のご利益があったのかもしれません。

婚活や恋活を頑張っている皆さん、茨城を訪れた時には一度、日立市の『泉神社』に足を運んでみて下さいね。

泉神社【HP
茨城県日立市水木町2-22-1

・あわせてチェック
茨城の出会い茨城セフレ茨城(割り切り出会い掲示板)茨城の童貞