神奈川・箱根に行くなら『箱根ガラスの森美術館』も、ぜひ候補に

皆さんこんにちは、神奈川県横浜市在住のアラフィフサラリーマンです。

妻は専業主婦で、子どもたちも全員大学生以上になりましたし、…最近は家の中も穏やかになってきてほっとしたような、寂しいような。

アラフィフのサラリーマン

もう少ししたら老後についても色々考えて行かないといけないなあ、…と思ったりもしつつ過ごしています。

・・・

さて、9月から10月前半にかけては、3連休がたくさんありましたが、皆さんはどのように過ごしましたか?

旅行に行ったり、家でゆっくり過ごしたり、色々な人がいるかと思います。

大学生の息子

我が家では、子供たちが中高生の頃までは、連休になると家族旅行に出かけるのがお決まりとなっていたんですが、今では子供たちも独り立ちしていますし…

大学生の息子はサークルやらなんやらで忙しいということで、最近はそうしたこともなくなっていました。

せっかくのまとまった休みがあっても家でダラダラと過ごしたりすることが増えています。…神奈川って、あんまり近場におじさんが行きたいスポットは多くないですしね。

アラフィフ夫婦の散歩

そんな我々夫婦の状況ですが、この9月は連休が2つある事もあって、旅行に行こうかという話に。

…当然そうなると、どこへ行こうかという話になるんですが、なんだか2人が行きたいと思うちょうどいい場所がなくてですね。

・・・

で、色々検索したりして検討した結果、一周回って…

神奈川・箱根湯本の街並み

意外と行ったことがない、箱根に行ってみたい…という事にまとまりました。

箱根といえば、神奈川県が誇る温泉街であり観光スポット。ですが、神奈川と言えどほぼ静岡という位置にありますから、まあまあ遠い。

芦ノ湖と富士山

正直、私たちにとってはあまり身近な場所という感覚はなくて、2人ともこれまで行ったことも無かったんです。

でも、やっぱり神奈川県民として一度くらいは行っておきたいよな、ということで。

箱根湯本駅(神奈川)近くの商店街

わざわざせっかくの3連休じゃなくてもいいんじゃないか?とも思ったりはしたんですが、ほかに行ってみたい場所がお互いから出てこなかったので、箱根に行くことになりました。

箱根までは1時間程度で着いたので、それほど移動で体力も使いませんでしたし、時間にも余裕がある、ということでかなりゆったりと楽しめました。

神奈川からももちろんですが、首都圏からでもすぐ近くですね。

箱根の温泉旅館

温泉に入り、町や周辺の自然を散策し、グルメを楽しみ、かなり楽しい旅になったのですが、その中でも”想定外”に素敵だったスポットがありました。

それが…

箱根ガラスの森美術館(入り口)

「箱根ガラスの森美術館」です。

その名の通りガラスを中心とした美術館ですが、想像できると思いますが、とても美しく幻想的な美術館で…とても感動しました。

ガラスのツリー(箱根ガラスの森美術館)

箱根ガラスの森美術館は、1996年にオープンした美術館。

神奈川と東京で事業を行う飲食関連業の「株式会社うかい」という会社が運営しています。

箱根ガラスの森美術館(神奈川)

まず訪れると、非常に立派な西洋風の庭園が出迎えてくれます。

丁寧に造園された庭に、ガラスでできたアーチ、そして庭のあらゆる場所にもガラスが散りばめられているんですよね。

西洋風の建物、そして周囲は山で自然に囲まれているという非常に素敵な景色が広がり…はっきり言って、この庭園だけでも楽しめるんじゃないかというくらいの風景が広がっています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、こちらのメイン施設は「ヴェネチアン・グラス美術館」と、「現代ガラス美術館」の2つ。

「ヴェネチアン・グラス美術館」は、館内もアンティークな西洋風な雰囲気となっているおしゃれな雰囲気。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

北イタリアの水の都として知られるヴェネチアですが、ガラス工芸の聖地としても知られ、800年ほど前から当時のヴェネチア共和国が国を挙げてガラス工芸の推進・保護をしていたそうです。

見るからに高級そうな展示品の数々ですが、素人目でもわかる細かい装飾などが随所に施されていて、終始感心しっぱなしでした。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「現代ガラス美術館」は、うって変わってかなりポップな雰囲気。

展示されている作品も、よりアートに近いものが多く…非常に芸術的な作品も多かったです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ガラス美術館というより現代アート美術館という感じに近かったですね。

敷地内にはお洒落なカフェやレストランもあり、休憩するのにもピッタリです。これらの施設は、リピーター率が半数以上という驚異的な数字をたたき出しているそうで、それも納得の素敵なスポットでしたね。

妻もとても気に入っていましたし、次に箱根に来る機会があればきっとまた訪れることになると思います。

箱根ガラスの森美術館(全景)

どんな人にとっても居心地のいい空間だと思うので、箱根に訪れる際には、ぜひ観光のついでに立ち寄ってみてほしいと思います。

そもそも、神奈川や首都圏に住んでいても箱根に行ったことがないという人も多いと思いますが…よければ一度、足を運んでみてくださいね。

箱根ガラスの森美術館【HP
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48

・あわせてチェック
神奈川の出会い神奈川セフレ神奈川(割り切り出会い掲示板)神奈川でママ活