熊本・阿蘇の注目スポット 〜清流の森・すずめ地獄をめぐってみた

皆さんこんにちは。僕は自然が大好きな30代のサラリーマンです。

菊池渓谷

自然が好きで写真を撮ったりする人も多いでしょうし、最近はキャンプなんかも流行っていますよね。

参考:今話題の1人キャンプに挑戦して素敵な出会いを見つけよう

登山

僕は子供のころに、親にたくさん自然のある場所に連れて行ってもらえたおかげで…今でも自然が大好き。

※大阪の都心部に住んでいますが、良く自然スポットに旅行に行っています。もちろん都心部にも探してみれば自然が素敵なスポットはたくさんありますし、そうしたスポットを探すのも楽しいですよ。

キャンプ

僕はまだ結婚もできていないのですが、自分に子どもが出来たらたくさん自然に触れさせてあげたいなと、気が早いながらも思ったりしています。

※とはいえ、ちょっと旅行に行きすぎなので、こんなことでは婚活もままならないんですけどね。

・・・

そんな僕ですが、中でも特に好きな自然スポットといえば…

阿蘇山(熊本)

熊本県の阿蘇山です。

もはや自然の宝庫として誰もが認めるスポットである阿蘇山。

※ベタだな~と思われるかもしれませんが、でも、阿蘇山ほど、行ってみれば行ってみるほど奥の深さを見せつけられるスポットもなかなかないのではないかと思います。

阿蘇の自然

手つかずの自然がまだまだ大量に残されているため、ほかでは出会うことができない自然に触れる事もできます。

観光地化されていないその生々しさは時に不気味にさえ感じることさえも。

※怖いと感じる人もいるんじゃないかというくらいの、そうした生々しさや不気味さは自然好きにとっては非常に大きな魅力なんですよね。

・・・

実は父の実家が、僕が小さな頃までは熊本にあったという事もあり、熊本には何度か訪れていました。

阿蘇仙酔峡

そして小学生のころに初めて阿蘇山に連れられて以来、すっかり阿蘇の魅力にハマり、これまでに阿蘇山に10回ほど訪れています。

※昔よく訪れていたこともあって、今でも熊本に来ると感傷的な気分になりますしね。

・・・

さて、そんな僕ですが…

熊本県阿蘇市の阿蘇山

先日も阿蘇山に行ってきましたので、少しその時の話をしたいなと思います。

・・・

今回、訪れたのは『清流の森』という自然公園。

※阿蘇山の中でも有名なスポットの1つですが、今回初めて訪れました。

阿蘇・清流の森

阿蘇山といえば険しい山を思い浮かべる人もいるかと思いますが、この清流の森は比較的標高が低めなスポットなので訪れやすい人気のスポット。

※熊本の有名な温泉の一つ、黒川温泉の近くにあります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

自然公園ではあるのですが、やはり非常に範囲が広く大自然を満喫することができます。

※森はコンセプトごとに8つのゾーンに分けられていて、同じ山の同じ森の中でも、これだけ自然のバリエーションが生まれることにも改めて感心させられてしまいますね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

四季折々に楽しめるスポットですし、夏の時期はレジャーの季節ということで観光客も結構います。

・・・

さて、そんな清流の森の中でも、僕が今回お目当てにしていたのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

『すずめ地獄』と呼ばれるスポット。

”○○地獄”と聞いてピンとこない人もいるかもしれませんが、「地獄」というのは温泉地の近くによくあるスポット。

火山から何らかのガスや物質などが噴出しているゾーンを言います。

※基本的に水が噴出していて池のようになっていて、水の色などに変化が見られます。温泉地に付随する定番の観光地という感じですかね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この一帯も黒川温泉の近くということで、こちらにも「すずめ地獄」と呼ばれる地獄があるんです。

なぜこんな名前なのかというと、スズメやタヌキなどの小動物がここから発生するガスが原因で死んでしまう事例などがあるからだそう。

※訪れて見ると、池というか水たまりというかという感じの場所。水面からはぼこぼこと泡が噴き出ています。

これは亜硫酸ガスで、あまり近づくと体調を悪くすることもあるんだとか。

※結構近くまで近づくこともできますし、水には触れることができますが、当然遊泳などは出来ません。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

やはりその特性からなのか…

この周囲だけは植物もほとんどなくなり、ゴロゴロとした石が転がる中々に荒涼とした地域です。

※僕の訪れた際には周りに誰もいなかったのもあって、さすがの僕でも少し不気味な雰囲気を感じたので、怖がりな人や一人で訪れる人は注意が必要かもしれません。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕としてはそんな不気味な雰囲気も”自然の面白さ”として受け入れられるので、すごく楽しかったんですけどね。

※でも再び清流の森のほかのゾーンに行ってみると癒しの緑。やっぱり阿蘇山というか、自然ってすごいなあと思ったワケです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

みなさんも、一度行ってみたいなと思いながらも行けていない場所ってあると思います。

この記事を見て、熊本…そして阿蘇がちょっとでも気になった人は、足を運んでみて下さいね。

・あわせてチェック
熊本の出会い熊本セフレ熊本(割り切り出会い掲示板)