カップルで訪れると別れる!?ジンクスを吹き飛ばせ 〜大阪・海遊館のプレミアムツアーに彼女と行ってきた

僕は大阪在住の25歳社会人です。

海遊館

趣味は水族館めぐりで…

特に大阪『海遊館』には週に一度は必ず訪れるほど大好きです。

・・・

大阪の海遊館で撮影した写真を毎週SNSにアップしているんですが、気がつくとファンが増え、ある日一通のメッセージが届きました。

SNSを見る僕

”いつも素敵な写真楽しみに見ています。私も水族館が大好きです。”

冒頭にはこう綴られていました。さらに、続きを読んでみると…

”特に、ジンベイザメが好きなんですが、地元の水族館にはジンベイザメがいません。大阪・海遊館には立派なジンベイザメがいると聞きました。一度見に行ってみたいのですが、よければ一緒にデートをしてもらえませんか?”

突然のメッセージに驚き、喜び、戸惑いました。

※顔の見えないSNSですし、冷やかされているのかもしれない…と思いつつ。

メッセージのやりとり

まずは彼女と半年間、メッセージだけでやりとりをしていました。

※実際に話してみると冷やかしではなく、僕以上に水族館を愛している素敵な女性でした。

大好きな海の生き物について語り合ううちに惹かれ合い、まだ会ったこともないのに僕は彼女に告白して…なんと”付き合うこと”になったんです。

・・・

そんな彼女が東北から大阪へ遊びに来るというので、僕も気合が入りました。

大阪・海遊館のカニ

初めてデートする場所は海遊館…。

「大阪・海遊館でデートをするカップルは別れる。」という噂は、関西人のみならず、今や誰でも知っている有名なジンクスです。

※一抹の不安を抱きつつ、僕はそんなジンクスを吹き飛ばすデートプランを考えました。あとは、彼女が喜んでくれることを祈るばかりです…。

彼女との初デート

デート当日、ドキドキしながら彼女を待ちました。

…そして、現れた彼女は想像していた以上に美しい人だったんです。

・・・

大阪・ベイエリアにある「海遊館」は、約620種3万点もの生き物を鑑賞できる世界最大級の水族館。

※国内はもちろん、海外からの観光客も多く訪れています。

海遊館・ジンベエザメ

今回は彼女にたっぷり「海遊館」の魅力を感じてもらいたいと思ったので、「海遊館プレミアムツアー」に申し込みました。

このツアーは館内の見どころだけでなく、好きな生き物を事前に伝えておくと、豊富な知識を持つガイドさんがツアー中、丁寧に解説してくれます。

※それだけでなく、バックヤードに潜入して彼女の大好きなジンベエザメのエサやりを見学できるプランも入っているんです。

・・・

プレミアムツアーは基本的に土・日曜の9:45スタート。

※少し早い時間帯ですがツアー参加者は、一般の来館者より15分前に入館できます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ツアーで最初に訪れるのは”日本の森”エリアです。

このエリアにはコツメカワウソやオオサンショウウオが生息しています。太陽が燦々と降り注ぐ空間になっていて、その場にいるだけで癒されます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

彼女も「まるで温室みたい!カワウソの仕草がかわいい!」と言いながら夢中になって写真を撮っていました。

※日本の森エリアに植えられている樹木は全て本物ですが、エリア中央にある大木だけは作り物だそうです。実は内部にエアコンが入っている…というガイドさんのウラ話に、驚きの歓声が上がりました。こうした裏話を聞くことができるのも、プレミアムツアーの魅力です。

続いて訪れた「モンタレー湾」ではカリフォルニアアシカとゴマフアザラシを鑑賞。

まるまるもっちりとしたフォルムと愛らしい表情が魅力的で、ここでも彼女は必死に写真撮影を楽しんでいました。

・・・

そして「グレート・バリア・リーフ」も魅力たっぷりの水槽です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

オーストラリアの北東岸にある世界最大の珊瑚礁が再現されていて、色彩豊かなナンヨウハギやアケボノチョウチョウウオなどが優雅に泳ぐ姿を鑑賞できます。

・・・

既にこの時点でお腹いっぱいになるくらい楽しめましたが、いよいよここからが本番です。

お待ちかね、”バックヤード潜入”です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

バックヤードでは太平洋水槽にいるジンベエザメ、海くん&遊ちゃんのエサやりを見学することができます。

※上から見下ろした太平洋水槽は十字になっており、飼育員さんは水面のすぐ上にある通路からエサやりをしています。

ジンベエザメのエサやり

彼女は、初めてみるジンベエザメに大興奮。

※「大きな身体で迫力があるのに、水面にちょこっと顔を出す控えめな態度のジンベエザメにギャップ萌え!」と言ってはしゃいでいましたね。笑

ジンベエザメのエサは主にオキアミというプランクトン。1回の食事で3kgを平らげ、食事は1日・2回なので合計6kgを食べるそうです。

巨大なジンベエザメ

ちなみに、エサと一緒に吸い込む水量は、なんと…ひと口100リットル。

※これは一般家庭の満タンにした浴槽、およそ2杯分というから驚きです。

海遊館のアイドルでもあるジンベエザメの海くん&遊ちゃんを近くで見ることができて彼女も大満足しているようでした。

※最後にジンベエザメのショルダーバッグを彼女へプレゼントしたら喜んでもらえて本当に良かった…。

・・・

初めて会った彼女といきなり大阪・海遊館デート。

どうなることかと不安でいっぱいでしたが、たっぷり楽しんでもらえたようで、緊張が解けました。

大阪・海遊館を楽しむ彼女

「素敵な海遊館デートプランを考えてくださって、ありがとうございました。東北と大阪で、遠距離恋愛になりますが、これからもどうぞ、宜しくお願いします。」

そう彼女に言ってもらえたことが、今日一番嬉しかった出来事です。

※こうして僕は、「大阪・海遊館でデートをするカップルは別れる。」というジンクスを見事に吹き飛ばすことに成功。

みなさんもジンクスなんて気にせずに、プレミアムツアーへ参加して素敵なデートを楽しんで下さい。

・あわせてチェック
大阪の出会い大阪セフレ大阪(割り切り出会い掲示板)大阪でママ活