パパ活について解説

今や社会現象にもなっているパパ活について解説。

みなさんから寄せられた疑問にお答えする形で、パパ活の実態をご説明します。

目次

  1. パパ活とは?
  2. パパ活って何するの?
  3. パパ活の相場はいくらくらい?
  4. パパ活はどうやって始めるの?
  5. パパ活をなぜするのか
  6. パパ活の大人とは
  7. パパ活のスペとは
  8. パパ活がなぜダメだと言われるのか
  9. パパ活で何を話すの?(トークネタ)
  10. パパ活のプチとは
  11. パパ活の食事はどこに行く?
  12. パパ活の定期とは
  13. パパ活業者とは

パパ活とは?

パパ活をする女性

若い女性が裕福な男性にお金をもらって交際する行為。かつては90年代に”援助交際”というのが流行りましたがそれの現代版。売春の一種と言えます。

※ただし、必ずしも肉愛関係(性行為)を伴うものではなく、プラトニックなお付き合い(食事など)でも成り立つ場合もアリ。その点が売春や援助交際と少し違います。

2014年頃から『パパ活』という言葉がSNS上などで使われ始め、2017年にはフジテレビにてドラマまで制作されました。

P活とは

パパ活の隠語としてP活と書く女性もいます。意味としては同じになります。

これはSNSなどで”パパ活”と記載すると運営からアカウントBANをされたりする可能性があるためです。また直接的な表現を避けたい場合にP活や「P」「ぱ」などと書いたりします。

PJとは

”パパ活女子”の隠語です。パパ活(P)女子(J)をローマ字表記した際の頭文字。

パパ活って何するの?

パパ活で待ち合わせをする女性

基本的にパターンは、この2つのどちらかです。

A.カフェでお茶・買い物・食事・カラオケなどの健全なデート
B.肉体関係(セックス)を結ぶ行為

女性がSNSなどで募集する際に、”健全で!”などと書いてある場合は、肉体関係は伴いません。ただし、健全デートを数度重ねた上で、肉体関係に発展するケースもあります。

そして最後(もしくは最初)に報酬をもらって終了です。アプリなどを利用している場合は、アプリが仲介役になったりとシスティマティックな流れの場合も。

パパ活の相場はいくらくらい?

パパとお金

場所によって金額の幅はありますが、おおよその相場は以下になります。

人口50万人以上の主要都市

顔合わせ
初回のみ
5,000円~10,000円
食事 10,000円〜30,000円
デート 15,000円〜50,000円
大人の関係 20,000円〜50,000円
月契約
大人の関係ナシ
30,000円〜100,000円
月契約
大人の関係アリ
100,000円〜400,000円

ただし、東京は別格で”天井はない”と言っても過言ではありません。おおよその平均値だとお考え下さい。

その他のエリア

続いては主要都市以外(以下)の都道府県の場合です。人口が少ないと比例して、男性の所得平均も低くなり、相場も当然低くなります。

顔合わせ
初回のみ
5,000円~10,000円
食事 5,000円〜15,000円
デート 10,000円〜20,000円
大人の関係 20,000円〜50,000円
月契約
大人の関係ナシ
30,000円〜50,000円
月契約
大人の関係アリ
5,000円〜150,000円

パパ活は健全のみ!ご飯だけだといくら?

パパとご飯デート

上記のデータから、ご飯だけの場合は主要都市だと最大で3万円、地方や田舎だと15,000円程度が上限だと言えます。

どんなレストランなのか?お店の値段などによって金額が変わることはありません。あくまでもパパの金銭感覚や、女性のステータス(可愛さや年齢)などによって金額に振り幅ができてしまいます。

まだ、パパ活をしたことがない女性の場合は…

ためしに、この半額程度でどのくらいパパから申し込みがくるのか試してみるのが良いでしょう。

ご飯だけの健全スタイルの場合は可愛くないとはっきり言って連絡は来ませんし、写真を要求されることも前提だと思っておきましょう。

※あとは、「お酒が飲める」と言えば契約成約率は格段に上がります。お酒の飲めない女の子は男性はなるべく食事デートには誘わない傾向があります。

ちなみに健全のみを繰り返す女性は揶揄の意味で「茶飯女子」や「初回あらし(一度会うのみ)」なんて呼ばれたりもします。

パパ活の条件・お茶とは?

その名の通り、お茶だけしてお金をいただくという事です。

ただし多くのパパ女子は当然お茶だけで声をかけてくれるパパは少ないです。条件に「お茶だけ」と記載するのはあまり好ましくないでしょう。

※ある程度、男性に夢を持たせる・興味を持たれる募集要項にするなら「お茶のみ」などは外しておくのがベター。せめて食事などにしましょう。

もちろん顔合わせの意味を込めて”お茶”をするのはOK。ただし一回のみ。これだけを繰り返す悪質なPJ(パパ活女子)と思われます。

パパ活はどうやって始めるの?

スマホを使ってパパを探す女性

やり方としては、大きく4つの方法があります。それぞれのやり方を解説します。

出会い系で探す

Jメール&ハッピーメール

アダルトなユーザーが集まる老舗の出会い系サイトではパパ活の募集も多数あります。具体的にはJメールや、ハッピーメールなどが良いでしょう。

健全なマッチングサイトだと、基本的に独身者しかいませんがこうしたアダルト寄りだと不倫関係を望む方が多く既婚者も多数登録しているので探しやすいです。

SNSで探す

主にはTwitterで募集をしている女性に声を掛けるという方法。ただし、こうしたSNSは悪質な業者やパパ活狩りを行うような若者も多くリスクもかなりあります。

例えば、年齢確認などもなく未成年と関係を持ってしまうケースや、そもそもアカウント自体が偽物で悪質なサイトに誘導されたり…。

無料でいくらでもアカウントが作れてしまう時点で、SNSとはあまり相性が良くないように感じます。

パパ活アプリ&ギャラ飲みアプリで探す

今ではパパ活専用のアプリなども登場しています。有名なところですと、ラブアンや、ペイターズ、ギャラのみアプリのpatoなど。

ただし、こうしたサイトは月額料金が高額なため、男性会員数がそもそも少ないという弱点も。

※女性から見れば高収入の男性ばかりと会えるのでメリットかと思いますが、その分パパを取り合うという形になります。

ギャラ飲みとパパ活どっちが稼げる?

稼げるのはパパ活ですが、都内や主要都市であればお金を持っている裕福な男性も多く、また比較的若い男性も飲み相手を探していることから”ギャラ飲みアプリ”には需要があります。

ただし、「酒を飲ませてエッチなことはタダでしよう」と考えている男性も少なくないので一長一短ではあります。

※地方であれば確実にパパ活アプリの方が稼げます。そもそも地方はギャラ飲み需要がほとんどありません。

交際クラブ(デートクラブ)で探す

都内を中心に主要都市にお住まいの方は、ユニバース倶楽部や、青山プラチナ倶楽部などがあります。

メリットとしては、男性・女性とも身元がはっきりしているので安心して利用できる。

ただし、デメリットもやはりあります。例えば、男性は利用料が高額な上に身元を明かすことに抵抗のある方も多いでしょう。

それに、男女問わずですが上記のような交際クラブは審査制。登録者全員が利用できるというものではありません。

それ以外にも、女性は基本的に男性の都合に合わせるのがルール。ホステスのような立ち位置であり”客商売感”がいなめません。

※もっとドキドキしたリアルな”パパ活”を楽しみたいなら、気軽に利用できるサービスではないような印象があります。

パパ活おすすめサイト
パパ活を語る女性たち

パパ活を安全に、気軽に楽しむなら老舗・出会い系サイトが一番。

特にこの2つは業界でもトップクラス。年齢認証アリ、悪質ユーザー排除で健全な”パパ活ライフ”を!

・Jメール https://mintj.com/
[インターネット異性紹介事業届出・認定済み]第90080006000号

・ハッピーメール https://happymail.co.jp/
[インターネット異性紹介事業届出・認定済み]第90080003000号

パパ活の顔合わせはどこがいい?

ホテルのラウンジカフェ

パパ活における”顔合わせ”とは=いわばパパによる面接のようなもの。ですが、もちろん女性側もこのパパでいいのか?という見極めをしなければいけません。

そうした場合、どんな場所で顔合わせをすれば良いのでしょう。

一般的にはホテルのラウンジやカフェなど、広くて周りの目が適度にありつつも周囲に会話を聞かれないような場所を選びましょう。

話す内容も、契約内容に関するものなど一聴すれば”パパ活だ”と気づかれるので、なるべく隣の席との間隔がとれるカフェが最適です。

※だからといって、顔合わせ段階から個室などを選ぶのはNG。相手のことを知らないので危険な目に遭う・盗撮などの可能性もあります。その点は男性にも最初に伝えておくようにしましょう。

顔合わせの相場いくら?

全国一律で5,000円〜10,000円が一般的。時間は1〜2時間、それを超える場合は食事などのオプションを付けるようにしましょう。

※顔合わせの段階では、女性の方にイニシアチブがあります。顔合わせの条件やルールは最初に決めて事前に男性側に伝えておきましょう。

食事に関しては当日いきなり男性側から誘ってくる場合があります。

女性としても、この人はパパにしたい!仲良くなってもいい!と思うならなるべく誘いは断らず顔合わせの金額だけで食事までお付き合いするのがオススメ。

※あまり細かくお金の話をすると2回目以降の男性の誘いは減ります。顔合わせの場合は食事まではサービスと捉えた方が話はスムーズ。ホテルに誘われるなどそれ以上の関係を求められる場合は別料金をしっかりと請求しましょう。

パパ活をなぜするのか

街をあるくパパ活女子

パパ活を行う背景には、どのような理由があるのでしょうか?もちろんシンプルな理由は”お金”が欲しい女性と、”セックス”したい男性の利害が一致するからでしょう。

そこで、もう少し詳しく男女それぞれパパ活する理由を解説。

女性の場合

奨学金などの返済、遊ぶため、夢や目標を叶えるため、起業のため地位のある男性と知り合っておきたいなどがあります。

特に、時間にあまり縛られずなおかつ時短で稼げる”パパ活”は、若い女性の間で流行るのは仕方ないですね。

※特に直接男性と繋がれるので中間搾取などもありませんので高収入が得られます。ただしその分、身の危険などのリスクは付き物です。

あとはお金の使い道を聞いてくるパパも中にはいます。

これは月極めで契約をしているパパなどは確実に「どうして必要なの?仕事してないの?」など。面倒ですがこうした場合はパパが納得する理由を用意しておくのも大事です。

※もちろん、嘘でもいいと思いますが「借金がある」といったリアルだったり相手も辛くなるような理由をパパに答えるのは避けましょう。

男性の場合

お金の関係、体だけの関係、別れ際が面倒ではない。

こうした理由はありますが、実はもっと深い理由があるように感じます。例えば、セックスをして気持ちよくなりたいなら風俗店に行けばいいですし、お酒を一緒に飲みたいならキャバクラでもいいわけです。

それでもパパ活にこだわる理由は、”素人”だからなんですね。

つまり商売女では興奮しない、冷めてしまう人ほど素人の女の子と楽しいことができるパパ活にハマってしまうわけです。

セックスにしても風俗だと、手慣れた様子なのが萎えたりするワケで、お互いに背徳感のある関係だからこそ男はパパ活に魅力を感じるのです。

※もちろん前提としてパパ活できるだけの金銭がある。40代を過ぎてモテなくなった。結婚する気がない。既婚者である。などの条件が一定であることが前提となります。

パパ活の大人とは

ラブホテルのベッド

募集要項で見かける「大人」とは、大人の関係を指します。つまり体の関係(セックスあり)を指します。これとは逆に「健全」とは肉体関係なしのデートのみということ。

可愛くて若い女性は”健全”が中心。それでパパに相手をされない女性が”大人アリ”で募集をしていることが多いです。

大人と同義語『ドカタ』

ドカタをする女性

肉体関係OKという意味で、最近では”ドカタ”という言葉も使われます。

※ドカタは、土木作業員の呼び名であるドカタから来ています。肉体労働というイメージからきているのでしょう。

隠語としてメッセージのやりとりをしてる時や、プロフィール欄に書く時などに使います。これは直接的な表現はサイトの運営によって消されたりBANになったりするから。

・ドカタOK
・ドカタあり
・ドカタ都度6で

といった表現が一般的。

※ちなみに女性との直接の会話などでは使用しませんので、口語として”ドカタ”と言うのは控えましょう。

パパ活のスペとは

スペの高い女性

スペックの意味です。女性のプロフなどで「スぺ110」などと記載していますが、この数字は、身長から体重を引いた数値。

すなわち数字が低ければそれだけふくよかな女性となります。

女性スペ値の目安

スレンダー スペ115〜
一般 スペ105〜114
ぽっちゃり 104以下

基本的にはスレンダー、もしくは標準より細身じゃないとスペ値を公表する女性は少ないので参考になるかはわかりませんが…、身長160センチで50キロの場合スペ値は110。

※やはり110よりも少し数字が高いと細身(美容体重)に近い女性というのがわかります。

パパ活がなぜダメだと言われるのか

パパ活をダメだと思っている女性

世間一般のイメージとして、「パパ活はダメ…パパ活してるって知られたくない」と思うのはいたって普通の感覚です。

エッチなことしてお金をもらってる。性を売りにして稼いでいる。そんなイメージで卑劣に思われるからでしょう。

ただし、未成年でもない場合、パパ活自体は犯罪ではありません。

※実際にパパ活をしていた芸能人や議員などがバッシングにあっていますが、それにより捕まった人がいないことからもあきらかです。

ですが、パパ活を起因として犯罪に巻き込まれたり、法律を犯してしまう場合があるので気をつけましょう。

ではどのような事がダメなのか?女性側の目線から具体的に挙げてみます。

・既婚者と知りながら関係を持っていいるので相手の奥さんから損害賠償請求される
・職業としては社会的に認めらていないので労働していることにならない
・収入を税務署に申告していない場合は追徴課税され罰せられる
・バレた時に社会的信用を失う

事件として発展するケースは稀ですが、やはり関係がバレてしまった時に失うものが多いです。

※逆に男性の場合は「美人局」「恐喝のネタにされる」「児童淫行罪」などに気をつけましょう。

パパ活で何を話すの?(トークネタ)

デートで乾杯

健全デートであれば、パパから”トーク力”を問われることも少なくありません。気の合うパパなら会話にも困りませんが…

年齢も違う、趣味も合わない、トキめかない…そんなパパと何の会話をすればいいのか困っている女性も少なくありません。

そこで、困ったらこうして切り抜ければいい!というトークネタをピックアップ。

友達の話をする

自分のことはあまり喋りたくないしプライベードを語るのも抵抗がある。そんな時はアナタの友達の話をしてみましょう。

パパは若い女の子のリアルな話が大好き。

友達がこんなことした、あんなところに遊びに行ってたなど私生活を飾らずに話してみましょう。

リアクションをしっかり

話好きな人がパパの場合は、リアクションが求められます。

「へぇ〜すごい!」「それでどうなっちゃったの?」などしっかりとリアクションを取りつつ、相手がもっと話しやすくなるように相槌だけでなく、”さらにその先の詳しい話が聞きたい!”というアクションをしましょう。

あとは、適度にパパの名前を何度も意識的に言ってあげるとさらに良し。

パパはなんでも話してくれると思うな!

パパ活をする男性も当然、プライベートなことは隠す傾向があります。特に既婚者の場合や、初めて合う相手の場合は、すべて正直に答えてくれるとは限りません。

なのでなるべく仕事の話は避けましょう。

トーク上の挨拶で軽く聞くのはいいですが、あまり深いことは避けるべきです。聞いてもはぐらかされるだけです。

では、どんな話なら相手が答えやすいのか?

・ご飯の話
・趣味の話
・エッチな話
・地元ネタ
・パパ活の話

このあたりが無難で、パパも答えやすいです。特に、初めて合う相手の場合は上記のようなテーマを中心にパパとのトークを楽しみましょう。

パパ活のプチとは

握る女性

プチとは、セックスまではしないけどエッチなことはするという意味です。(具体位的には手コキやフェラ、お触りさせるなど幅は広いです。)

食事デートが面倒、早く稼ぎたいけど肉体関係はイヤだという女性はプチパパ活をする傾向が高いです。

男性として少額で気持ちよくなれる、ホテルに行かなくて済むなどの理由が挙げられます。

※某お笑い芸人の人が障害者用トイレでしていた行為もプチと呼べるでしょう。

プチの相場

手コキ 5,000円~10,000円
フェラ 10,000円前後
お触り 3,000円〜10,000円
※服の上から、下から、部位によって変動
キス
3,000円〜5,000円
愛撫・素股 10,000円〜20,000円

女性がどこまで許すのかはそれぞれですが、それぞれの行為に値段を付けた場合は上記の料金が目安になります。

料金は各行為をするごとに加算。例えば、キスしてフェラの場合は…

キス(3,000円)+フェラ(10,000円)=13,000円

といった金額になります。

※相場はあくまでも全国平均です。主要都市と地方都市の場合、3割程度上下の幅があると考えておきましょう。

パパ活の食事はどこに行く?

ラウンジカフェ

パパ活で食事デートをする場合、どんなお店に行くのがベストなのでしょう。関係性や会った回数によって選ぶお店は変わります。

顔合わせの段階ではカフェ、2回目はランチ、3回目からディナーを選ぶようにしましょう。

顔合わせ

「とにかく一度お茶しましょう」こんな感じでやり取りがまとまれば顔合わせ。実質、1度目のデートとも言えます。

金額は5,000円ほどが一般ですが、その後パパになってくれるかもしれない相手なので丁寧な対応が必要です。

ただし、いきなりホテルに誘ってくるマナー違反なパパも中にはいるので基本的には食事やお酒はナシ。カフェを選ぶようにしましょう。

※顔合わせの段階なので、できればお昼に会うのがベストですが難しい場合は夜でもOK。ただしお酒のあるお店は控えるようにしましょう。

2度目はランチ・アフタヌーンティー

顔合わせでお互いフィーリングが合えば、次はランチなど本格的に食事を楽しみましょう。

ランチにどんな店に行ったらいいのかうなら、ホテルのビュッフェが一番ベターで楽。周りに知り合いがいる可能性も低いですし。

(だいたい主婦かOLなので、おじさんや20代前半の女性は少ない)

ゆっくり落ちいついてお話しもできますし、お昼なのでお酒を飲まされることもなく、時間があれば買い物デートなどにもスムーズに繰り出せます。

2度目の食事デートはホテルのビュッフェで決まり。

3度目は本格的な食事(ディナー)

最終的には食事デートになるわけですが、”健全”しかしたくない女性の場合は以下は避けましょう。

・個室のある飲食店
・食事のあとBARには行かない

この2つを飲んでしまうと、流れによってはプチ・ドカタ・大人の関係を迫られます。

健全目的ならおしゃれなフレンチやイタリアン、お寿司あたりでお茶を濁すのが一般的。ぜひ、参考にしてみて下さい。

※肉体関係もアリだと考えるなら上記のようなお店や行動をとっても問題ありません。

パパ活の定期とは

パパと定期で会う女性

パパ活の定期とは”定期的に会う”ことであり、基本的には月単位で数度会う関係を指します。

定期の場合、月単位でまとまったお金が安定的にもらえ、一度(一回のエッチ)の単価こそは下がるかもしれませんが相手(パパ)を毎度探すよりも楽な点から、定期のパパを探している女性も少なくありません。

※これとは近い意味で「都度」もあります。これは関係性や回数というより、”都度払い”すなわち毎回会うたびにお金を払うという意味。ですので”都度でありながら、定期で会う”というパターンも存在します。

パパ活業者とは

業者が送り込んできた女性

いわゆるパパ活女子を装った援デリ=風俗嬢のこと。

デリヘル業者が、所属する風俗嬢仕事をあてがうために素人の女の子を装って出会い系やパパ活アプリにアカウントを登録し引き合わせています。

※ですのでサイト運営者などのサクラとは違い、運営側もこうしたアカウントの取り締まりは強化しています。

パパ活する男性にとってはお金を払うという行為自体は同じですが、問題点はいくつかあり…

・登録している顔写真と違う女性が来た
・年齢もぜんぜん違った
・会うまでに会話していた内容はすべて嘘

といった点が挙げられます。

人気のない風俗嬢ほど、こうした仕事に充てがわれるので結果的に残念な女性が多いです。ですのでこうした業者の行為は憎むべきであると考えます。

※実際に会った際に、違う女性であればバシっと断る。運営に問題のアカウントを通報するなどの対処を取りましょう。

パパ活おすすめサイト
パパ活を語る女性たち

パパ活を安全に、気軽に楽しむなら老舗・出会い系サイトが一番。

特にこの2つは業界でもトップクラス。年齢認証アリ、悪質ユーザー排除で健全な”パパ活ライフ”を!

・Jメール https://mintj.com/
[インターネット異性紹介事業届出・認定済み]第90080006000号

・ハッピーメール https://happymail.co.jp/
[インターネット異性紹介事業届出・認定済み]第90080003000号