甥っ子も楽しんだ、1日1組しか泊まれない高槻の二料山荘

みなさんこんばんは、大阪府高槻市に住む20代の家事手伝いの女です。

私の実家は祖父の代から続く飲食店を経営しています。現在は兄が家を継ぎ、姉も店を手伝い、末っ子である私が母とともに家事をする、というような形になっています。

(もっとも、実際に家事をしているのはほぼ私なんですが。)

兄の奥さんも仕事をしているので、兄夫婦の息子、つまりは甥っ子、の面倒は私が学生のころ、甥が2歳のころから私がしています。

なななさん(@nanana5090)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんなこともあってか、甥は今年で6歳になるのですが、一番私になついている状態。

いろんな意味で「これでいいのか?」と思うこともありますが、甥っ子がかわいくて仕方ないので、まあいいか、と思う部分もあります。

甥っ子は保育園にも通っていませんし、今は年齢的にも好奇心いっぱいで元気が有り余っていて、まあとにかくお世話が大変。

kazueさん(@ya_._e)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

親になるって大変なんだな~、と。私は独身なんですが。(笑)

…とはいえ、私もそろそろ婚活はじめなきゃな~、とあせったり、とにかく、色々悩んでいる部分は多いです。

そんな私の悩みもつゆ知らず、未だに家事や甥のことをすべて私に任せる家族。これはこれで、どうかしてるとも思うんですが…。先日は、「今度の週末、ちょっとみんな色々忙しいから、甥を連れてどっか出かけてきて」との指令が。汗

TOMOさん(@hisu_kou)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかも「なんなら泊りでもいいで…」と。(笑)

めちゃくちゃやな~、と思ったんですが、甥がすごく乗り気な感じだったので、そんなに乗り気やと断れへんな~。。。結局、連れて行くことにしました。こういうところがダメなんでしょうね。きっぱり断らないと…。

・・・

で、どこに行くのがいいかな~と思ったんですが、せっかくなら私もこれまで興味あったけど行けてない場所に行きたいな、と思いまして。

でも、まあ遠すぎない場所でということで、色々と検討した結果…

Yosyuki Domotoさん(@dossnet)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

二料山荘に行ってみました。

高槻市の最北部の方にある施設で、正直かなり田舎の地域にあります。

同じ高槻市民でも、都市部のほうで生活していると普段はほとんど訪れることがありません。。

山縣 正幸さん(@masayuki_yamagata)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

二料山荘は、元・造り酒屋「大西家」の酒蔵と母屋を改修した研修宿泊施設。

高槻市の「平成17年度都市農村交流地域連携事業」として誕生しました。

事業内容からも分かる通り、地域活性化、交流を目的とした施設で、地域と協力しながらお米作りや芋掘り等の体験イベントを実施している施設です。

…できれば、そういうイベントごとがある時に連れてきてあげたかった気もしますが。

sharemakiさん(@sharemaki)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ただ、普通に宿泊施設としても利用可能で、予約でも一般でも利用できるんですね。

周囲はものすごく自然も豊富で、ホタルが飛び交う様子が非常に幻想的ということでも知られているようです。

正直、あんまりパッとしない施設という感じがしないでもないんですが、一度友人がここに泊まった時に、ホタルがすごくきれいで「同じ高槻とは思えないくらい自然に囲まれて過ごすことが出来てとても楽しかった」と言っていたのを聞いていたので…

気になっていたんですよね。

Japan Airlinesさん(@japanairlines_jal)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、ちょうど今回子守を頼まれた時期がホタルの時期。

…ということで、せっかくだから行ってみよう、と思ったんです。甥っ子の教育的にもいいんじゃないかと思いましたし。

・・・

さて、二料山荘のある堅田地区、勝手にものすごく遠くだと思っていましたが、高槻の市街地から30分ちょっとくらいで到着しました。

はに〜さんさん(@honey3jp)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まず、宿泊施設の外観にビックリ、戦前まで造り酒屋だった建物だったということで、ある程度予想はしていたんですが…

もう、そのまんま”酒蔵”です。(笑)

歴史の重みと威厳を感じる、ものすごく雰囲気のある建物で、この建物を見学するだけでも結構価値があるんじゃないかなと感じるほどです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

内部は宿泊できるように改装はされているものの、かつての名残を残す場所、そのまま使われているのであろう場所がたくさんあって、宿泊施設を見学するだけでもかなり楽しめます。

甥もものすごくはしゃいでいましたね。宿泊は1組だけなので、人に迷惑をかけることもないですし、のびのび過ごせました。

山縣 正幸さん(@masayuki_yamagata)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ただまあ、正直やることといえば、自然を楽しむことくらい。

飽きないか心配でしたが、そんな心配が無用なくらい、施設の周辺には多様な自然があふれていました。

農村や田舎のありふれた風景も、普段あまりそういった場所にいない人間にはかなり新鮮ですし、甥もかなり楽しんでいました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

夜にはお目当てのホタルも見れましたよ!

自分の住む高槻にも、こんなに素敵な自然が残っているんだな~、と、嬉しくなりました。本当に、思っていた以上に素敵な場所だったので、是非機会があれば訪れてみてほしいです。

Satoko Nomiyamaさん(@satoko365214)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

宿泊はできなくても食事はできますし、周囲の自然を楽しむこともできますし、高槻やその周辺に住んでいる人は一度訪れてみ鱈かなり楽しいのではないかと思いますよ。

・あわせてチェック
高槻の出会い高槻セフレ高槻(割り切り出会い掲示板)