結婚できない男&まだ結婚できない男(東京・ロケ地めぐり)

あっ…ココって、あの場所?

東京にいると、テレビを見ればそう感じる事も多い。という事で、せっかくなので”ロケ地巡り”をしてみました。

・・・

今回の作品は…

結婚できない男

結婚できない男(2006年・フジテレビ)
出演:阿部寛 / 塚本高史 / 夏川結衣 / 国仲涼子/ など

…もう、最高のドラマですよね!

どの回も非常に面白く、脚本も演出もセリフ回しも最高。阿部寛と夏川結衣の掛け合いは本当にユーモラスで心が温かくなります。

※今回は、そんな『結婚できない男』に登場した東京にあるロケ地(建物)を紹介したいと思います。

・・・

では、早速いってみましょう。

桑野信介とみちるが住むマンション

桑野信介・田村みちるが住むマンション
東京都品川区西五反田3丁目

まずは主役の桑野信介(阿部寛)らが住むマンション。

こちらの物件情報を調べてみると、2006年当時は新築の物件でした。住民が入居する前に撮影したのではないかと思います。

※ちなみに、このマンションはリアルに”ペットOK”みたい。これもドラマ通りで、なんだか嬉しかった。笑

桑野信介とみちるが住むマンション駐車場入り口

マンション向かって右手

第11話「花柄がキライで悪いか!!」で、阿部寛が部屋に鍵を忘れてよじ登ろうとした場所。これも同マンションでした。

※ドラマを見てる時は、すごく広くて高い塀だと思ったんですけど、実際に見るとわりとコンパクトで庶民的な感じで。なんか親近感ある。

おまわりさんに呼び止められるシーンが脳裏を駆け巡りましたね。

御成橋

桑野がマンションへ帰る途中に渡る赤い橋(御成橋)
東京都品川区東五反田2丁目

先ほどのマンションからも程近い、(といっても歩くと20分ほどかかります)場所にある橋で、すぐ近くには『大崎駅』があります。

このあたりは、いわゆるオフィス街。

御成橋

撮影時にあった花壇はもう無くなっていた…

なので平日はサラリーマンが多いですが、土日はかなり人通りが少なめ…というか平日の1/10以下かも。

※土日の早朝・深夜なら、たしかに撮影しやすいでしょう。

・・・

そして、”橋”といえばコチラも忘れてはいけません。

夏美先生がよく使う青い歩道橋

夏美先生がよく使う青い歩道橋(鈴懸歩道橋)
東京都品川区大崎1丁目

『結婚できない男』という名ドラマは、やはり夏美先生(夏川結衣)を抜きにしては語れません。

※近いようで少し離れているこの2つの橋を眺めて見ると、まさに”二人の絶妙な距離感”を感じる事ができます。

鈴懸歩道橋

実際に見ると、かなり幅は狭い

最終回、夏美先生がこの青い歩道橋を渡らずに、2人で一緒にマンションに向かうシーンは、何度見ても胸が温かくなりますね。泣

・・・

続いてはオフィス編。

桑野建築設計事務所(山二証券)

桑野建築設計事務所(山二証券)
東京都中央区日本橋兜町

日本橋・兜町と言えば、東京証券取引所をはじめ、銀行発祥の地とも言われ、多くの金融機関が今でもこの付近にオフィスを構えています。

※建築家である桑野が働くビルに相応しい、趣のある外観をしていました。

山二証券

みちるが、KENちゃんを預けるシーンが蘇る

ドラマの設定では、オフィスは南青山のようですが、実際に建っているのは日本橋・兜町。

桑野建築設計事務所として使われたこのビルを含む兜町一帯は、1900年前後に建てられたビルが多数。だから、こんなにモダンなんですね。

※西洋建築を感じさせるオシャレさの裏には”歴史アリ”といったところ。

・・・

オフィス繋がりでもう一つ。

吉山法律事務所が入るビル(第2井上ビル)

吉山法律事務所が入るビル(第2井上ビル)
東京都中央区日本橋茅場町2丁目

こちらは続編の『まだ結婚できない男』より、弁護士・吉山まどか(吉田羊)のオフィスが入るビルです。

先ほどの桑野建築設計事務所からも程近い、日本橋・茅場町にあるビル。

※この辺りもオフィス街で、土日になるとかなり人が減ります。チェーンの飲食店も軒並み休むレベルなので、街はもぬけの殻。

・・・

以上のロケ地をめぐった結果、いくつか特徴がありました。

・土日ロケしやすい(オフィス街だから)
・どれも少し路地の入った所にある(目立ちにくい)

撮影するにあたって人通りが多いと役者さんのストレスにもなるし、いろいろ考えてロケハンしてるんだなと思いましたね。

・あわせてチェック
東京の出会い東京(割り切り出会い掲示板)