明石市民に愛される2つの人気神社を巡ってみました

明石市在住のアラフィフ主婦です。

生まれは明石ではなく神戸市内なんですが、小学校の時に明石に引っ越してきて以来、明石に住んでいます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

すぐ近くの神戸から引っ越してきたということで文化も一緒ですし、ずっと明石で生まれ育ったようなものですね。

結婚も地元ですることができて、きっと一生明石で生きていくんだろうなと思っています。

子供もようやく大学生と高校生ということで、もうすぐ子育てもひと段落。主婦としてもひと段落するだろうということで…これからのことを考える日々です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかしながら、子育てが終わってしまうと…その後、どうすればいいのだろう?という気持ちで不安になったりもしてしまいます。

…とはいえ、これから働こうという気持ちにもなれないし、趣味の一つでも見つけておかないとな、と思ったり。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私はこれまで特に趣味などもなく、何かに打ち込んだりしたこともない人生なので、どうしようかなと思っていたんです。。

でも最近は、ちょっと流行っているらしい、パワースポット巡りというのもいいかもしれないなと考えています。

同じような状況の友達を集めて、パワースポット巡りの旅行…素敵じゃないですか。「おばさんっぽい趣味だな〜」と、思われるかもしれませんが。笑

・・・

私がそう思うようになったのにはきっかけがありました。…この夏休みに、高校生の娘の夏休みの宿題を手伝った事に起因します。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

じつは、娘が宿題で地元・明石の神社について色々と調べるということをしていて。

実際に行ってみたいからということで…車を出して、連れて行ってあげたんです。その中で、私も一緒になって神社を巡っていくうちに、すごく魅了されました。

こういうパワースポットや神社を巡るのを趣味にするのもよさそうだな~、と思ったのがきっかけなんですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私たちが訪れたのは明石でも有名な神社ばかりでしたが、やっぱり神社っていうのはすごいパワーを秘めているんだなと実感。

なので今回は、私と娘が訪れた”明石の神社”を2つ紹介したいと思います。

・・・

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まず、1つ目が「柿本神社」

人丸山という非常に小さな山の頂上にある神社です。山の上にあるので、境内は斜面になっていて、鳥居から拝殿まで長い階段で登っていきました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

…名前からピンと来る人もいると思いますが、あの柿本人麻呂を祀った神社です。

柿本神社は全国にありますが、明石のものは中でも有名みたいですね。柿本人麻呂といえば、飛鳥時代の歌人として有名で、中には”明石で詠んだ歌”もあるそうですよ。

ちなみに、江戸時代の明石城主・小笠原忠政公が人麻呂を崇拝していたところからこの明石に祀ったのだそうです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

もともとは887年に創建された「人丸神社」という名前だったそうですが、これをきっかけに柿本神社と名付けられました。

学問や安産にご利益があるとされ、柿本人麻呂が愛妻家だったといわれるため、夫婦円満の神社としても有名。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

毎年、人麻呂の命日である3月18日にはお神輿の練り歩きなども行われ、賑やかになります。

普段でも、初もうではもちろん、七五三や結婚式など、日頃から地元の人たちに愛されている神社なんですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

境内自体はそれほど広くはありませんが、境内には五社稲荷があったり、ご祭神である人麻呂の句碑があったり…

見どころもあり、神社のパワーを良く感じられるザ・神社でした。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

続いて紹介するのが「住吉神社」です。

底筒男命・中筒男命・表筒男命の、いわゆる「住吉三神」をまつる神社です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

住吉三神をまつる住吉神社は日本各地にあり、特に有名なものは大阪の住吉大社だと思うんですが、伝承によると…

実はこの明石の住吉大社が初めて住吉三神が祀られた神社だそうです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なので、この神社が「住吉神社発祥の地」とも言われているんだとか。そんなすごい神社が地元にあったなんて、知りませんでした。

神社は海の目の前にあり、水を含めた風景もすごく素敵ですし、海から吹く風も気持ちいいです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私たちが訪れたときは夕方だったんですが…

夕暮れ時の景色などは本当に美しくて、パワースポットとしてはもちろん、絶景スポットとしても100点満点。

…宮島もそうですが、なぜ神社と水ってこんなに親和性が高いんでしょうね?

注:イメージ画像(出典 Instagram)

先ほども名前が出てきた明石藩主・小笠原忠政はこの神社の拝殿を再興したり、新たに能舞台を建造するなど、神社のために尽力していたようです。

非常に信心深いお殿様だったのでしょうか。ありがたいことです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

境内も広く、敷地内には能舞台や松林、アジサイ園など、いろいろな施設があって、ふらりと散歩がてらに行く人も多そうですね。

他にもいくつかの寺社を巡りましたがどれも素敵でしたし、これからの趣味としてパワースポット巡りを検討しようと思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

みなさんも、是非明石に来たときはこれらの神社にも訪れてほしいですし、地元の神社などについても調べてみてください。

面白い発見がきっとありますよ。

・あわせてチェック
明石の出会い明石セフレ明石(割り切り出会い掲示板)