オシャレな恵比寿とはまた違った魅力がある 〜『恵比寿横丁』の魅力をご紹介します

皆さんこんにちは、東京の恵比寿在住、23歳のOLです。

※実家は埼玉県なのですが、流石にこれから毎日東京まで片道2時間かけるのは辛いな、ということで東京に引っ越してきました。

恵比寿ガーデンプレイス

職場が恵比寿という事もありますが…

やっぱり恵比寿っておしゃれなイメージがあって憧れだったので、家賃は高いけど住む事に決めたんです。

※それから、もう1年ほどが経とうとしています。

恵比寿で生活

お金的には厳しいけど、会社には近いし…やっぱり恵比寿は素敵な街なので”恵比寿ライフ”をエンジョイ中。

住んでみると、それまでイメージしていたのとは違う恵比寿の雰囲気やお店などもあって、面白いものだなあと思います。

※当たり前といえば当たり前なんですけど、思った以上に住宅街はあるし、どこもかしこもが思っているようなおしゃれタウンではなくて…地元感というか、土着感のあるゾーンもたくさんあったりしますしね。

恵比寿ガーデンプレイス

だいたい皆さんは恵比寿に来ても、ガーデンプレイスやその周辺を見て回るくらいだと思います。

でも、それだとイメージ通りのおしゃれな恵比寿の雰囲気しか味わえないんですよね。

※他にも恵比寿の魅力ってたくさんありますし、恵比寿のオススメなどを聞かれた時には、そうしたあまり知られていない恵比寿の魅力について話をすることが多いですね。

・・・

さて、そんな私が最近人に聞かれたらオススメするようにしているのが…

恵比寿横丁

『恵比寿横丁』というスポット。

※横丁っていう言葉自体は表通りから少し入った場所を言うワケで、どの街にもあって当たり前なんですが、なんとなく横丁って飲み屋街だったり下町のイメージがついているというか、あまり恵比寿のイメージにはそぐわないと感じるかもしれません。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

実際、この恵比寿横丁は飲み屋街になっていて、たくさんの飲食店が軒を連ねるゾーン。

皆さんがイメージする恵比寿とはちょっと違った雰囲気となっています。

※意外とこのスポットの事を知らない人も多いんですが、恵比寿=オシャレだけではないと実感できる素敵な横丁なんですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

『恵比寿横丁』は、恵比寿の駅を出て駒沢通という大通りを六本木方面に少し進んだ場所にある飲み屋街。

※もともとこの地域は「山下ショッピングセンター」という公設市場だったそうですが、「浜倉的商店製作所」という飲食店プロデュース会社がプロデュースし、2008年に13店舗の横丁として復活。

昭和の雰囲気を漂わせる狭い横町に、現在では20もの飲食店がひしめき合っています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今では横丁ブーム、なんてものも起こっているといわれますが、その先駆けがこの『恵比寿横丁』とも言われるほど。

※ガーデンプレイスなどの華やかな恵比寿とはまた違った印象ですが、恵比寿でも随一の人気スポットとして愛されています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

創業した倉的商店製作所の浜倉好さんは、ブームが生まれては廃れていく飲食店の状況を見て、「時代に流されないお店は、結局味のある昔ながらのお店だ」と思い立ったそうです。

※そうした中、その時恵比寿に使われていない市場跡があることを知り、ここに横町を作ろうと考えたのだとか。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

味のあるお店を見つけるために…

出店社探しの際は、おおっぴらに公募せず、人づてに出会った飲食店経営者と実際に飲みながら出店者を探していったのだといいます。

そうして明確なコンセプトと地道な努力が実り、味のある恵比寿横丁が誕生したたんです。

※各店舗非常に狭く明確な境界線もない店も多く、繁盛している時は人が一人通れるくらいの通路しか残りません。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

入っているお店もおでん屋さん、串カツや、焼肉や寿司、焼肉から、奥のゾーンにはスナックやガールズバーまで…まぁとにかく幅広い。

※割合的には肉料理を扱うお店が多い感じはしますが、はしごもできますし、とにかく気になったお店に入るのがいいんじゃないでしょうか。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

入り口近くのゾーンと真ん中のゾーン、奥のゾーンで飲んでいる人たちの雰囲気やお店の雰囲気も変わってくるのもまた面白い。

ただ…私はまだ奥のゾーンでゆっくり飲んだことはありませんが。(笑)

※お店の人との交流はもちろん、たくさんの人が近くで飲んでいるので、そこで生まれる人間関係も横丁の真骨頂ですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

一部では「恵比寿一のナンパスポット」なんて呼ばれているようで、それ目当てだろうなぁという男女もチラホラ。

そういうのが苦手な人もいると思いますが、こうしたノリを楽しめる人にとってはかなり楽しいんじゃないでしょうか。(笑)

※もちろん深夜まで営業しているお店も多く、少ないですがお昼から営業しているお店もあるので、よく恵比寿に行く人は夜と昼で比べてみるのもオススメです。

みなさんも、ぜひ恵比寿に訪れた際は『恵比寿横丁』にも足を運んでみて下さい。

・あわせてチェック
恵比寿の出会い恵比寿セフレ恵比寿(割り切り出会い掲示板)