あの芸術家も愛した茨城の景勝地 〜『五浦海岸』の見どころを解説

皆さんこんにちは。僕は茨城県の北茨城市で暮らす24歳のサラリーマンです。

水戸駅南口

生まれてから小中高大と茨城で過ごし、ついに就職も茨城でする事になりました。

※おそらく人生で茨城を出る事はもうないでしょう。まあ、地元好きなのでいいんですけどね。

大学や就職は東京で、というのも考えたんですが、北茨城は福島寄りですし、通うのはちょっと厳しいですね。

※かといって、もう自分の性格的には都会に出て一人暮らしするのは大変だろうなあ、というのもあって、地元でずっと過ごしているという次第です。

・・・

さて、皆さんは茨城県というとどんなイメージがあるでしょうか?

茨城県のイメージ

特にないですよね。(笑)

ひたちなかなどは大型ロックフェスが開催されるので知っている人がいるかもしれませんし、日立の企業城下町、あとは水戸の偕楽園くらいでしょうか?

※あまり”茨城に観光に行こう!”とは、普段ならないかもしれません。

参考:茨城の誇る日本庭園『偕楽園』の魅力を解説します

でもまあ、地元民としては…

建築関係の仕事

「もっとこういう素敵な場所もあるんだけどなあ」という想いもあって。

・・・

特に自分の地元の北茨城には…

五浦海岸

五浦海岸(いづらかいがん)という素敵な海岸があるんです。

※皆さん忘れがちですが、茨城はかなりの部分が海に面している面積が広いですからね。

”日本中に素敵な海岸はたくさんあるよ”という人もいると思うんですが、この海岸は茨城らしさのある、他にはあまりない素敵スポットなんです。

六角堂と五浦海岸

茨城らしさって何だよ?と言われるかもしれませんが…

偕楽園からも分かるように、意外と茨城県は日本らしさ〜歴史情緒のあふれる町でもあるんです。

この五浦海岸は、そんな茨城の歴史情緒を含んだスポットになっているんですよね。

※さらにその周辺のスポットもなかなか見どころが多くて素敵な場所なんです。

五浦海岸2

自然スポットや風景が好きな人、歴史好きな人など、いろんな方にも楽しんでもらえる素敵なスポット。

・・・

なので、今回は皆さんに紹介させてほしいんです。

五浦海岸の浜辺

五浦海岸は茨城の北の端の海岸で、”関東の松島”と呼ばれるほど風流な風景が愛されている景勝地。

これまでに荒波の中で浸食され続けたことで形成された地形は、非常に複雑で大小の入り江や磯、そして崖があります。

五浦海岸の崖

しかも、それらの崖がとにかく緑に覆われていて、美しいんですよね。

・・・

そんな五浦海岸を眺めることのできるのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

『五浦岬公園』という、岬の先に設置された公園。

海岸を眺めるだけでなく、ここから見える一面に広がる太平洋もかなりの見所です。

※開けていながらも広場の周囲は木に囲まれていて、気持ちがいいので、散策するのも楽しいですよ。

日本情緒を感じる海岸

この岬の風景や展望台から見る雰囲気が、非常に日本情緒を感じさせてくれます。

※京都など、日本の情緒が好きな人には特にお勧めしたいスポットですね。

・・・

そんな素敵な景勝地の五浦海岸ですが…

とある人物にゆかりの深い地として知られていて、それがまた観光地としての魅力の一つとなっています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

その人物というのが、岡倉天心。

芸術家であり思想家の偉人として日本の歴史に多大なる影響を与えた人物として知られますが、そんな岡倉天心が晩年を過ごした地域というのが…

この茨城・五浦の地だったんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

若くしてその才覚を発揮し、現在の東京芸術大学の好調になるなど輝かしい功績を収めた岡倉天心ですが、その後ひと悶着あり学校を辞職。

自身で日本美術院という芸術家団体を立ち上げます。

…そんな頃に訪れた五浦の魅力に魅了され、五浦へ移住したのです。

※その後日本美術院の経営危機などを機に実際に五浦に日本美術院の一部機能を移転させ、弟子らを呼び寄せて創作活動を奨めたんだとか。

岡倉天心旧宅

そんなわけで、五浦海岸には岡倉天心の邸宅が今も残っています。

ゆかりのあるスポットもたくさん残っていて、歴史好き、美術好きの人も多く訪れているんですよ。

※ちなみにこれらのスポットは「茨城大学五浦美術文化研究所」が管理を行っていますよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「茨城県天心記念五浦美術館」といった美術館も開設されているので、こちらも併せて行ってみてほしいです。

※あまり美術や岡倉天心に興味がない人でも、ここで紹介されていることを少し見てみると、いかにすごい人物だったのかがわかると思います。

歴史の残る五浦海岸

雄大な自然と美術館が融合している場所というのも、五浦海岸のほかにそれほど多くないんじゃないかと思います。

都会の美術館に行くのとはまた違った感慨が生まれると思いますよ。

※そんなわけで、素晴らしく雄大な自然を楽しむことができると同時に、人の生み出す芸術にも触れることのできる唯一無二の海岸だと言えます。

皆さんもぜひ訪ずれてみてほしいですし、これを機に茨城に興味を持ってもらえたらなと思います。

・あわせてチェック
茨城の出会い茨城(割り切り出会い掲示板)茨城の童貞