石川県有数の科学博物館『サイエンスヒルズこまつ』〜子供の知的好奇心を刺激しよう

みなさんこんにちは、石川県は小松市に住む30代のサラリーマンです。

石川で生まれ育ち、大学だけ京都の大学に進学してまた就職とともに出戻ってきたので、自分ではなかなか”石川愛”の強い方だとは思っています。

6歳の息子と3人で暮らしています

現在は大学在学中に知り合った女性と結婚し、6歳の息子と3人で暮らしています。

妻はなかなかに教育熱心な方で、子どもには小さなころからいろいろと習い事をさせていますし、勉強も積極的な方。

※小学校受験もさせたかったようですが、石川のような地方では私立校はあまり選択肢がなく、結局公立校のほうがレベルが高いということもあって、結局断念しました。

教育熱心

…とはいえ、教育熱心なのには変わりがなく、これからの教育の変化などに関しても敏感に情報収集をしています。

そんな中で、最近妻が注目しているのが、プログラミング教育。

小学校から必修化されるということで、これからの時代はプログラミング教育も早めに習わせておいた方がいいのではないかとしきりに言うようになりまして。

プログラミング教育

これからは今まで以上に理系分野の重要性が増すというのを感じ、息子に理系に進んでほしいと考えているようで…

現在はプログラミングの塾を探したりしています。

※僕自身もその意見には賛成なのですが、ちょっと加熱しすぎというか、もう少しのびのびさせてあげてもいいなじゃないかなとも思ったりしつつ。

息子は楽しんで色々やっているので、まあそれはそれでいいのかなと思っています。僕自身もそうした教育や理系の重要性というのはこれから増していくと感じていますしね。

・・・

さて、そんな息子ですが、最近ハマっているというか、よく行きたがる施設というのがありまして。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それが、石川県小松市の「サイエンスヒルズこまつ」という施設。

簡単に言えば、地域にある科学博物館なんですが、かなり新しく綺麗で、なかなかハイレベルな施設なんですよね。

※妻の教育の影響か、しっかり科学や機械に興味を持つようになってこういう場所が好きになったようです。

月に1、2回、週末になると息子を連れて行くんですが、僕自身も結構飽きずに楽しんでしまうような、なかなか魅力的なスポットなんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

サイエンスヒルズこまつは、石川県小松市、小松駅前という好立地にある施設で、2013年にプレオープン。

2014年に正式オープンしたばかりの比較的新しい施設。

※石川県でも最大の科学博物館で、オープン5か月足らずで来場者数10万人を突破するなど、注目を集め続けているスポットなんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

小松市といえば、あの建設機器大手の”コマツ”を輩出するなど、モノづくりでも知られる地域。

そんな小松の「科学とひとづくり」の一大交流拠点として作られたということで、小松市は30億以上を投じたという気合の入り用です。

※ちなみに、建設された場所は、かつての小松製作所の工場跡地なんだとか。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

さて、肝心の施設はというと、まだ新しいだけあって、とてもきれいでモダン。

外観は美術館かのような芸術的な見た目をしています。言葉で表現しづらいのですが、面白い形をしていて、公共施設のやぼったさは皆無。

※ちなみにこの建築は日本建設連合会の開催するCBS賞も受賞したんだとか。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

館内はいくつかのエリアに分かれていて、展示のメインエリアは入って右奥にある「ワンダーランド」。

いわゆる科学博物館的な展示が行われていて、パネル展示やビデオ展示のほか、化学の原理などを体感できるちょっとしたアトラクションが並んでいます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「宇宙ステーションこまつ」という、宇宙ステーションを模したゾーンもあり、多くの子どもたちがせわしなく展示の間を行ったり来たりしています。

※僕らが子供のころとは全然展示の内容も違うよな~、すごいな~、なんて思いながら、大人も結構楽しめます。

とはいえ、展示ゾーンはそこまで広いわけではなくて、どちらかというと、体験・体感のコーナーに力が入れられているのかなというのが僕の印象でした。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

わくわくホールという3室のホールでは科学に関する様々なイベントが開催。

ミラクルラボ・フューチャーラボという部屋では、今人気が出ているプログラミング教室なども連日開催されていますし、こちらに多くの子どもが参加しています。

※あと、最新鋭の設備を搭載した3Dシアターが凄くて、ここで見られるプラネタリウムは何度でも見たくなるほどのクオリティです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)


石川・小松の本気を感じますし…これからが楽しみです。

石川に住んでいてまだ行ったことがない、という人は1度は行っておいた方がいいと感じますし、そうでない人も石川に観光に行く際は立ち寄ってみてほしいですね。(特に子どもがいる方は)

きっと子供も大人も夢中になってしまうと思いますよ。

・あわせてチェック
石川の出会い石川(割り切り出会い掲示板)