東京で一番本が見つかる街・神田神保町で古書店巡りをしてみた

皆さんこんにちは。僕は、京都の大学で日本文学を専攻する大学院生の男です。

読書をする大学院生

いきなりですが、皆さんは本を読みますか?

そして、本を読む人は今でも紙の本?それとも電子書籍?

※電子書籍が便利でいつも使っている、という人もいれば、紙の質感がやっぱり好きだという人など様々だと思います。

僕は、正直なことを言うと…普段本を読む時は電子書籍がメインです。

※研究においてはたくさんの本を読まないといけないこともありますし、かさばって重いので、やっぱり電子書籍の利便性は強いなあと思いますね。

紙の本

でも、昔からなれた紙の本の手触りも好き。

※小説などをちゃんと読もうと思ったときには紙の本で読むようにしていたり、両方の魅力があると思うんですよね。

電子書籍を読む

そして電子書籍の弱みが、「何でも本になっているわけではない」ということ。

※読みたい本、読まなければいけない本があっても、電子書籍になっていないから紙の本で読まないといけないという事も多いです。

特に僕のように大学の研究室にいる人間は、いわゆる「古書」と呼ばれる、少し古い本を読む機会も多いわけで。

※これらの中には学校の図書館でも見つからなかったり、簡単に手に入らないこともしばしば。

京都には古書店が結構残っているので、それらを巡ったりもするんですが、いつの間にか僕の趣味の一つのようになっています。

・・・

そんな僕ですが…

新幹線で東京へ

先日、学会の関係で東京に行きました。

東京での学会に参加するのは実は初めてで、なんと東京に行くこと自体も今回が初めてでした。

・・・

で、東京に訪れたら絶対に行こうと思っていた街がありまして…

飯田橋駅付近

それが『神田神保町』です。

ピンと来る人も多いと思いますが、神田神保町は日本有数の本の街。”神田神保町古書街”とも呼ばれる、古書の聖地もあるんです。

※僕も一度は行ってみたいなと思っていたんですが、今回ようやく訪れることができました。

神田神保町古書街

人によって違うかもしれませんが、僕にとっては噂以上に楽しいスポットでしたよ!

・・・

神田・神保町は岩波書店や小学館など、大手の出版社や印刷会社が多くあり、さらに周辺には大学キャンパスも豊富にあため”本の町”として知られています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

神保町では「見つからない本はない」と言われるほどで、新書を扱う通常の本屋さんも大型店舗が大量に立ち並んでいます。

・・・

そうした本の街・神田神保町の中でも…

神田古本まつり

特に”古書店街”は特徴的なゾーン。

明治初期にこの地域に相次いで法律学校が設立された事を受けて、その学生たち向けの法律書店、古書店が多く創業されたのがきっかけで誕生したと言われています。

神田神保町・古書店街

ひたすら古書店が立ち並び…

路上にまで飛び出て本が並べられている光景は、本好きからしたら…たまりません。

※ちなみに、こうした古書店の数は140軒にも上るんだそうです。

・・・

古書を手に取ったことのある人はわかると思いますが、独特な匂いがするんです。

※新書は新書の本の匂いってあると思うんですけど、古書の匂いってまた独特なんですよね。

古書

なので、この古書店街にはそんな古書の香りが街中に漂っているんですよね。

※これは比喩ではなく、本当に街の匂いになっているんですが、なんとこの匂い、環境省が選ぶ「かおり風景100選」にも選ばれているんだとか。そんなものがあるんだ…って思いますよね。

神田神保町の書店

古書店街の各店舗はそれぞれに専門分野を持っているんだそうで、「法学ならココ」「医学ならあそこ」みたいな感じになっています。

確かにこれだけ古書店があったら、それくらい分かれていないと目的の本になかなか辿り着けなさそうですもんね。汗

※とは言っても、それでも探すのに苦労するくらいのお店の数なんですけどね。

・・・

まあ、軽い気持ちでぶらりと訪れた方が、宝探し感もありますし、ワクワクしながらお店を回れそうです。

※それに今では、古書検索サイトなどに古書の情報もアップされているという事なので(もちろん全てのお店ではないでしょうけど)、何か探している本がある場合は活用してみもいいんじゃないでしょうか。

神田神保町で宝探し

僕も今回は特にお目当ての本があったというわけではないんですが、なんだかんだで5冊ほど本を買って帰りました。

※ただ、それでも回れたお店はほんの一部でしたね。多分2~30店舗ぐらい。

本に関する悩みは神田神保町へ

とにかく…

本に関する悩みは神田神保町へ!っていうくらいの充実ぶり。

※本に興味がなくても、晴れて暖かい日、いわば散歩日和な日に訪れて散歩がてら神保町を歩くというのもなかなか楽しいんじゃないかと思います。

秋には本のお祭りや古書のお祭りも開催されているということですから、皆さんもぜひ一度、足を運んでみて下さいね。

・あわせてチェック
神田の出会い神田(割り切り出会い掲示板)