越谷でまさかの空中遊泳 〜『FlyStation』で抱えていたストレスが全部吹き飛びました

私は越谷在住、27歳になる会社員です。

越谷の悩めるサラリーマン

実は先月、越谷に転勤してから良い事が…ひとつもありません。

遠距離恋愛になった彼女には振られるし、新しい職場の上司は皮肉屋で一日中愚痴や文句ばかり聞かされます。

※とにかく毎日ストレスが溜まっているのですが、健康診断で医師からお酒を控えるように注意されているので、お酒で発散することもできません。

・・・

結果的に、私は日々の愚痴をSNSに書き込んでいたんですが…

SNSを確認する男性

突然、知らない人からメッセージが届きました。

「こんにちは、SNSいつも拝見しています。毎日大変そうですね、ストレス溜まっていませんか…?」

そんな書き出しで始まるメッセージでした。続けて…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「越谷にある”FlyStation”をご存知ですか?そこでは、インドア・スカイダイビングを体験することができるんです。」

ん?なんだ突然!?そう思ったのですが、読み進めると、さらに驚くべき事が書かれていたのです。

驚きのメッセージを送る女性

「私は仕事でのストレスが溜まるといつもここへ行くんです。ダイビングすると気持ちがスカっと晴れますよ。

…よければ一緒にいかがですか?お返事お待ちしています。」

見知らぬ人からのメッセージ。少し不気味に感じましたが、空中浮遊を楽しめるというインドア・スカイダイビングに惹かれました。

※下心は少しありましたけど、それよりも騙されているのかな?って気持ちの方が大きくもありました。

・・・

越谷へ来てから友達もできないし…これも何かのご縁と思い、見知らぬ人の誘いに乗って『FlyStation』へ行ってみることにしました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

当日、施設の前で待ち合わせ。

やって来た女性は、僕のイメージ通りの人で…黒髪のとても綺麗な健康的な女性でした。

※これから始まる体験に期待を膨らませつつつ、ドキドキしながら施設へ一緒に入りました。

・・・

日本ではまだあまり知られてはいませんが、屋内で空中遊泳を楽しむ「インドア・スカイダイビング」はスポーツです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

世界競技人口は約2万人、2030年までにオリンピック種目になることを目指していて、現在人気上昇中のスポーツだそうです。

越谷にある『FlyStation』は、そんなインドア・スカイダイビングを楽しめる日本で初めての施設なんですよ。

※体験フライトは完全予約制で、料金は平日4,500円、休日は5,000円となっています。専用のフライトスーツ・シューズ・ヘルメット・ゴーグルのレンタルは料金に含まれているので、特別な荷物は必要ありません、手ぶらで気軽に参加できます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

早速着替えて、準備開始。

最初の目標は、”ベリー”という腹這いの体勢で宙に浮くことです。

インドア・スカイダイビングの日本代表として活躍しているインストラクターがそばにいるので、全く知識がなくても不安を感じることはありません。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

事前講習を受け、動きに慣れてきたら地上約10メートルの高さまで浮遊します。

※私はどちらかというと運動神経が良い方なので、すんなり浮遊することができました。

初めてのインドア・スカイダイビングは爽快で…

スカイダイビング

目を閉じると本当に空を飛んでいるような感覚がありました!

…その瞬間に、これまで抱えていたストレスや小さな悩みがすべて吹き飛んだように思います。

越谷レイクタウンを見下ろす

思い返せば、越谷へ引っ越して来てから遊びに出かけるようなことは一度もありませんでした。

こうして定期的に息抜きすることは大切だなと改めて思います。

・・・

「FlyStation」では、スカイダイビング中の写真や動画を撮ってもらえるサービスがあり、体験後にはフライト証明書をもらうことができます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

越谷へ来てから初めて素敵な想い出ができて、SNSを通じての出会いも捨てたものじゃないなと思いました。

※「FlyStation」は家族で訪れるのはもちろん、カップルでも楽しめますし、雨の日でも濡れることなく過ごせます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

4歳以上であれば体験フライトができるので、夏休みの想い出作りにもぴったりです。

※それだけでなく、FlyStationでは、バースデープランや貸切のサービスも行われているので、お祝いやパーティーのイベントとしても利用できますよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

フライトを終えた後は、「FlyStation Cafe」で彼女と休憩しました。

※カフェだけの利用も可能なので、フライトをしないという人は待っている間に時間を潰すこともできます。

カフェのメニューは、ボルシチやピザフリッターなどの軽食やドリンクなどが中心。

アルコール類も充実していて「FlyStation」や「Blue Fly」など、スカイダイビングにぴったりの名前がついたカクテルをいただくことも可能です。

スカイダイビングを楽しんだ彼女

SNSを通じて出会った彼女も、最近ストレスが溜まっていたようで「一緒にフライトを楽しめて気分がスカっとした!」と喜んでいました。

※彼女とは初対面なのに、すぐに打ち解け合うことができてどんなことでも気軽に話すことができました。

越谷へやって来て、初めて心を許せる人と出会えたように思います。

越谷に転勤してきた彼女

ちなみに彼女も転勤で一年前に越谷へ引っ越してきたばかりだそうです。

お互いに似たような境遇で惹かれ合うものがあり、最後は「また一緒に越谷でデートを楽しもう」という話になりました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

『FlyStation』を訪れた事で、抱えていたストレスがすべて吹き飛びましたね!

素敵な場所へ連れてきてくれた彼女に感謝です。これからも越谷で、充実した時間を過ごしていきたいと思います。

・あわせてチェック
越谷の出会い越谷セフレ越谷(割り切り出会い掲示板)