世界に誇る日本唯一の版画美術館 〜『町田市立国際版画美術館』の魅力に迫る

みなさん、こんにちは。

アート大好きサラリーマン

僕はアート大好き、東京在住の24歳サラリーマンです。

小さなころから芸術作品が好きで、学校でも美術の時間が楽しみだった僕。

※兵庫県出身で、就職で東京に出てきましたが、東京は美術館も本当に多くて、楽しくて楽しくて仕方ありません。

東京・国立西洋美術館

毎週美術館に行っても、「次はここに行きたいな」って思うような美術館がどんどん出てくるんですよね。

・・・

僕は昔から古典作品も大好きなんですが、どちらかというと…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

”現代アート”に近いものが大好き。

作品に描かれた背景だったり、象徴されている概念だったりに興味が行くほうです。

※なので、古典絵画を見る時なんかも、そこに描かれた象徴的意味なんかに興味がありました。イコノグラフィー的な観点といったりします。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかし、最近はもっと純粋に作品を楽しめるようになってきている気もしますし、これまで興味があまりなかったジャンルの芸術作品にも興味が湧いてきました。

※絵画に限らず、いろいろなジャンルを楽しもうとしています。

こういうのを楽しむなら、やっぱり東京はいろんなジャンルの美術館があるので重宝しますね。

・・・

絵画の中でも、もっといろんな時代の作品を見たいと思ったり、いろんな画法で書かれたものが見たいと思ったりしていて…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今まで意外と手を出してこなかった、日本の絵画についても注目しています。

・・・

そんな自分の今の気分にぴったりな美術館が東京の町田市にあるということで、先日行ってきました!

町田市立国際版画美術館

それが『町田市立国際版画美術館』です。

町田駅からは少し北東へ進んだ場所にある芹ヶ谷公園の中にあります。

※この芹ヶ谷公園も緑にあふれたすごく居心地のいい都市公園だったので、またの機会に紹介したいなと思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな緑いっぱいの公園の中に立つこちらの美術館も、非常に落ち着きがありながらも雰囲気のある建物。

派手さはないんですが、きっちりとした空気感が漂っています。

※周りが木に囲まれていて周囲と一区切りついている感じがあるんですが、なんと表現すればいいかわからないんですが、公園の一部としては隠れスポットっぽくもあり…でも存在感があるんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2015年に大規模修繕工事が行われたということで、とても綺麗で立派でした。

※内装もすごく素敵で、地方の美術館だと思ってなめてはいけません。(町田が地方なのかはよくわかりませんが。)

・・・

さて、この美術館は構想から5年以上かけて1987年に開館。30年以上の歴史を持っています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

町田や東京としてだけでなく…

版画を中心とする美術館は日本で唯一のものであり、世界的に見ても非常に珍しく、高い独自性を誇ります。

版画の収蔵自体は日本のものだけでなくヨーロッパのものまで非常に幅広く行っているということで、収蔵数はなんと27,000点。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

版画といえば、日本でいうとやっぱり浮世絵など、江戸時代に活躍した作家たちの作品を思い浮かべますよね。

※ちょうど僕が訪れたタイミングで、浮世絵を中心に美人画を見ていくという展覧会が開催されていました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕は日本の美術史には結構疎いですし、浮世絵などに関しては実物を見たことは全然なかったですから、この美術館は本当にバッチリって感じです。

※しかもこの企画展、同時に西洋の美人画に関するミニ展示も一緒に開催してくれていたので、西洋の版画についても日本と比較しながら見る事もできました。僕のような人間にはたまらないイベントになっていて、すごくおもしろかったですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

版画とは言ってもやはり絵なので、まあパッと見ただけでは版画と原画の区別なんてつかないとは思うんですが…

版画にすることでやはり独特の立体感が出ていたりして、版画は版画の魅力があるんだなぁと知れたのは良かったです。

※あと、版画って手法としてはシンプルな感じがしますが、絵画としては非常に完成度が高いことも、やっぱり実物を見てみないとわからないものですね。

すごく貴重な体験でしたね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それと、個人的にはやっぱり内装がツボでしたね。

※なんというか、きっちりしてレトロなんだけど、厳しすぎないというか、はい、語彙力なくてすみません…。

・・・

で、こちらの美術館が特徴的なのは、そうした展示だけでなく…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

版画工房やアトリエといった、作る人のためのスペースも備えているという点です。

※実際にこれらのスペースを一般に開放したり、版画教室を開催したりしています。年間を通していろいろなイベントが開催されているみたいですよ。

僕はあまり作る側に回ったことはないんですが、そういう体験がまた新しい世界を開いてくれそうですよね。

みなさんも良ければ一度、『町田市立国際版画美術館』に足を運んでみて下さいね。

・あわせてチェック
町田の出会い町田セフレ町田(割り切り出会い掲示板)