歴史好き必見 〜風情のある大分の城下町『二王座』の魅力をお伝えします

皆さんこんにちは。僕は、神戸市出身の24歳の大学院生です。

大学院生というと、これからの進路について色々と聞かれる事も多いのですが、僕は研究職は目指さず就職する予定です。

遺跡

大学では歴史を専攻していて、好きな歴史の研究をもっともっとしてみたい、と思って院に進んだんです。

…でも、これを専門職にしていけるかというとちょっと違うかなと。

※フィールドワークも好きなので、歴史的なスポットだったり地域を巡るのは結構好きで、旅行なんかにもよく行くんですけどね。

・・・

歴史を感じる町というと、京都や金沢といった町を思い浮かべる人も多いと思いますが…

僕としては、他にもすごく素敵な町はたくさんあるのになぁという気持ちで悔しいです。

※日本にはもっともっと素敵な町もたくさんあるので、人にはそうした穴場の素敵な町をオススメする事も多いです。まあ、マニアックな町が多くて、実際にみんな紹介しても訪れてはくれてないと思うんですけど。(笑)

・・・

中でも僕が強く人にオススメするのが…

二王座

大分にある『二王座』と呼ばれるエリア。

正直、九州以外の人からすると大分って、遠くて特に印象ない町だと思うんですけど、実際に足を運ぶとすごく素敵だと感じてもらえると思います。

・・・

個人的なことになりますが、僕は小学校のころからサッカーをやっていて、それで、小学生のころ毎年冬に大分県で合宿があったんですよね。

※5年間連続で訪れていたので、それで僕にとってはなんだか大分って身近で。

そんなこともあって、大学生になってから懐かしむ気持ちで、一度大分に旅行に行ったんです。

二王座界隈

その時に歴史情緒のある町やスポットを探してヒットしたのが、この”二王座界隈”だったんです。

※実際すごく素敵な町なので、大分に馴染みがないという人にもぜひ行ってみてほしいですし、行ってみると魅力を感じられるスポットだと思うんです。

・・・

さて。そもそも『二王座』というのは大分県臼杵市の町の名前。

※臼杵市は大分県のやや南東の海岸沿いの町で、大分市からもそれほど遠くはない町です。

臼杵城の城下町

そんな臼杵市にかつてあったのが臼杵城。

二王座は、そのかつてあった臼杵城の城下町として栄えた町だったんですね。

※地域がそう呼ばれるようになった由来は、地元の神社に仁王門があったからみたいですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

観光客からも、”知る人ぞ知る名スポット”として知られているこの二王座周辺なんですが、何がそんなに魅力的なのかというと、その街並み。

まるでタイムスリップしたかと思うような、歴史を残す町並みがあちらこちらに残っているんですよね。

ホント、時代劇かよ…と。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかもその割に人が多くなく、日常感に溢れているというのが最高なんです。

※その点が、観光地化されている歴史の町との違いじゃないかなと思いますし、そうしたスポットが好きな人にはたまらないと思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

坂道も多くて、狭い道も多いのが…なかなか、冒険心をくすぐります。

もともとこの地域は阿蘇山の石灰岩が固まってできた丘であり、この地域は火山灰や岩を削って道を作ったみたいですね。

※これを「切り通し」と言うそうです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そのせいで坂や細い道が多くなっているんですね。

雨が降ると岩肌などがまた違った表情を見せて美しいんだそうですが、僕は運悪く(?)晴れの日にしか行ったことはありませんが。汗

二王座の石畳

町を歩くと足元は石畳、周囲には白い壁に瓦屋根の家がたくさん。

※城下町だったということもあって、これらは基本的に武家屋敷。映画やドラマで見たことのある木の門も雰囲気抜群です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

歴史好きの中でも、日本一の歴史情緒あふれる街並みだと評する人も多いんだとか。

派手な観光スポットはあまりないですが、周囲には城跡だったり、お寺だったり、歴史を感じさせる見どころがたくさんあって、予想以上に飽きが来ません。

※お店もあったりするんですが、お店もまた建物や店内の雰囲気がすごく良くて、特に食事は楽しいと思います。

おおいた竹あかりの祭典

また、大分県では県内各地で竹の中にろうそくを入れて明かりを灯す「おおいた竹あかりの祭典」といったイベントが毎年開催されています。

※大分はマダケの生産量日本一なんだそうです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

臼杵市ではこの二王座周辺で「うすき竹宵」という名前で開催されます。

これが非常にロマンチックで美しくて、これを見に行ってほしいなと思います。和の雰囲気を残す城下町に和を代表する竹の灯り…想像するだけでも最高ですよね。

※何のきっかけで観光地として人気が出るかはわかりませんし、まだまだ穴場スポットという状況のうちに、皆さん大分県への旅行の計画を立ててみてはどうでしょうか?

大分や九州に住んでいる人などは、一度行って見るべきだと思いますよ。

・あわせてチェック
大分の出会い大分(割り切り出会い掲示板)