東京以外の巡回予定地が気になる 〜『原田治 展「かわいい」の発見』を見に行った時の話

東京では、いろいろな美術展が行われている。

小さいものから大きなものまで様々だが、去年開催していた中でも印象深かったのが…

原田治 展 /「かわいい」の発見

オサムグッズ満載

『原田治 展「かわいい」の発見』である。

※彼の没後としては初となる全国巡回展で、最終日も近い2019年9月21日に足を運びました。

・・・

この記事を読んでいる人は、すでに彼のことを知っているとは思いますが、一言で彼を紹介するなら…

「原田治 展 /「かわいい」の発見」看板

アメリカン・ポップアートな作風

1970年代〜90年代に活躍したイラストレーター。

有名なものだと、ミスタードーナツのイラストデザインなんかがあります。

※僕もそんな知識程度で足を運んだわけですが、今に通じる”ポップさ”は、80年代リバイバル感さながらといった感じ。

場所は世田谷文学館

場所は世田谷文学館

当日は、最終日近くということで大盛況。

年齢層はブレイク当時・女子高生だったと思われる40〜50代のマダム(と、その夫)を中心として、若い女性の姿もチラホラ。

※ボーダーの服を着ている女性も多かったのも印象的。いわゆる”オリーブ女子”との親和性が高いのかも。

・・・

会場に入って思ったんだけど、もう最後という事で…

世田谷文学館(物販・ロビー)

入口・ロビーが物販スペース

物販に売り切れが続出。

※特に原田治のイラストが好きな人は、オサムグッズ目当て。物販が飛ぶように売れていて、欲しいものでもサイズが無かったり、SOLD OUTしてたりで、ちょっと後悔。

こうした期間限定の美術展などは、やはりすぐに行くべきですね。

(グッズ可愛かったな、泣)

・・・

…では、気を取り直して中へ。

ミスドにしか見えないネオンアート

入口にはネオンアート

まずは、彼の幼少期の作品からスタート。

小学生の頃の絵日記や、出展作品など、なんでこんなにもちゃんと残ってるのか不思議なくらい、数々の絵(イラスト)を見る事が出来ます。

※原田治は1946年・東京築地生まれ。その後、青山学院中等部・高等部へと進学します。

原田治・幼少期の絵

すでに立体的に捉えて描いているのスゴい

…これって、やっぱり家庭環境なんでしょうかね。

僕の家には当時の絵日記なんて残っているハズがありません、汗。大事に保管されているというところから、育ちの良さが伺えます。

神輿が斜めなのが、躍動感ある

神輿が斜めなのが、躍動感ある

幼少期で、すでに僕の画力よりも上いってます

幼少期で、すでに僕の画力より上いってます

・・・

その後、多摩美術大学を卒業しニューヨークへ渡米。

この頃から”ポップアート”の作風が開花。一気に、僕らの知っている”原田修の絵”になっていったようです。

※それよりも留学が羨ましい。。当時ではかなりまだ珍しいと思いますね。多分、実家はお金持…(以下略)

渡米中、ノートに描いていたイラストの数々

渡米中、ノートに描いていたイラストの数々

そして、NY留学後に転機が訪れます。

・・・

『an・an』創刊で、イラストレーターデビュー!!

※1970年に帰国した原田治。ニューヨークで描いていたイラストが、アートディレクター・堀内誠一の目に留まり、起用される事に。

もちろん、彼の実力はあると思いますが、その後、人気となる『an・an』に掲載されるというのは、本当に”運”も味方に付けたといっても過言ではないかも。

『an・an』に掲載された原田氏のイラスト

『an・an』の誌面を飾る原田氏のイラスト

挿絵的なものも描いてる

挿絵的なものも描いてる

…これって、今でいう”絵師”みたいなものですよね。

※雑誌に自分のイラストがちょっと使われてやったー!的なツイッターのアカウントとか見ますけど、まさにそんな感じだったんでしょうか?

・・・

留まる事を知らない原田氏のイラスト。

絵本の表紙など、いろんなもに起用されます。それと同時に、幅広い仕事をするため、作風の違うものにもチャレンジしていったようです。

大人っぽいタッチのイラスト

大人っぽいタッチのイラスト

表紙を手がけた本(数がスゴい)

表紙を手がけた本(数がスゴい)

ちなみに、今回の『原田治 展「かわいい」の発見』は”巡回展”です。

なので、その後ドコでやったのかな?と調べてみたのですが、2020年1月現在…まだ東京以外では開催されていないという事実、汗。

”2020年秋に福岡で!?”という情報もありますが、それ以外はいくら調べても分からず…。

※大阪・名古屋・北海道あたりでは、やってほしいという声もあるような気がします。開催当初から”巡回展”とアナウンスされていたので、わざわざ東京に行かなくても…と思っていた人も多いかもしれませんね。

・・・

さて。こんな感じで、世に浸透していった原田氏のイラスト。

その中でも、有名なものを少し紹介したいと思います。僕も、ここに来るまで知らなかったです。

ポテトチップスのイラスト

ポテトチップスのイラスト

ECCジュニアのイラスト

ECCジュニアのイラスト

PRETZ(プリッツ)期間限定パッケージ?

PRETZ(プリッツ)期間限定パッケージ?

ポテトチップスはマジでびっくりしました。確かにそう言われたら、彼の絵に見えてくるから不思議なものです。

・・・

そして、僕にとっては一番有名だと思うのが、やはり…

ミスタードーナツ(原田治)

80年代後半より手がける

『ミスタードーナツ』のイラストですよね!

原田氏を起用した理由は分かりませんが、最初にブレイクした970年代後半頃に女子高生だった女性がお母さんになり、子供と一緒にミスドに来て欲しい…

そんな理由で、彼のイラストを起用したのではないか説。

…を、勝手に唱えておきます。

ミスタードーナツ

ミスドで応募したらこういうのもらえた

そして、作品展では”晩年の作品”もいくつかありました。

ですが、それらは”自分の為に描いていた”ようで、難解なものも多数。初めて見る人はちょっと驚くかもしれません。

※って言っても東京での開催は終わったので、次回の巡回を気長に待ちましょう。

以上、『原田治 展「かわいい」の発見』でした。

・あわせてチェック
東京の出会い東京(割り切り出会い掲示板)