もはや観光地!?自虐的キャンペーンで生き残る鳥取の人気店『すなば珈琲』の魅力

皆さんこんにちは。大阪在住の28歳、サラリーマンです。

国際線

僕は趣味が海外旅行で、これまで20ヶ国ほどを訪れてきました。

学生の頃はバックパッカーとしていろいろなところを巡りましたし、就職してからもうまく有給などで長期休暇を取りつつ旅行をちょくちょくしています。

※就活の際も、そういう点で寛容な会社を探して入りましたしね。

・・・

そんな僕ですが、ちょっとずつ歳をとってきたのか、最近は少し心境の変化も出てきまして。

日和佐駅

というのも、日本の国内も色々旅行したいなぁ…と。

海外に行くと、自分が日本人なんだということに気付いたり、日本という国がどんなものなのかよくわかる、っていうことはみなさんよく聞くと思うんです。

※まさにその通りで、その中で、自分は日本のことも全然知らないんだよな、という気持ちも出てきたんですよね。

・・・

そんなわけで…

忠霊塔と新雪富士

ここ2〜3年は、国内にも結構積極的に旅行に行くようにしています。

※これまでは関西からほとんど出たことがなかったんですが、九州や東北にまで足を伸ばすようになって、改めて日本て素晴らしいなと感じるようになっています。

・・・

そんな中、先日訪れたのが…

鳥取砂丘

鳥取県です。

※なんとなく中国地方はこれまで後回しになっていて、あまり訪れていなかったんですが、そろそろ中国地方も行かなきゃな、と思って訪れたのが鳥取県です。

鳥取砂丘2

やっぱり”鳥取と言えば…”という事で、砂丘を訪れてラクダに乗ったり、砂像を見てきたりかなり楽しんできました。

僕は海外で砂漠を見たことはありますが、日本にもこんな砂の地域があるんだ、とかなり感動。

※やっぱり見たことのない景色に触れるっていうのは、人生観も変えると思うので、皆さんも一度訪れてみて欲しいですね。

・・・

そして、ここからが本題。

鳥取と言えばそうした砂丘関連のスポットばかりが注目を浴びがちですが、他にも面白いスポットがたくさんあることも分かったんです。

※鳥取の街も、また他の街にはない雰囲気や魅力があることもわかります。

そんな僕が、今回の旅の最後の締めくくりに訪れたのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

『すなば珈琲』です。

なんとなく名前は聞いたことがありましたし、鳥取に行くことがあれば行ってみたいなと思っていたんですよね。

みなさんも名前を聞いたことはあると思うんですが、そんな「すなば珈琲」について、改めて紹介します。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「すなば珈琲」はその名の通りカフェなのですが、その誕生の経緯やキャンペーンのユニークさで全国的に有名になりました。

※2014年、平井伸治鳥取県知事が「鳥取にはスタバはないけど、日本一のスナバがある」という発言をしたのをきっかけに、地元の企業がオープンさせたカフェ。

当時スターバックスがなかった県は鳥取県のみで、そのユニークな企画力が全国的な話題を呼んだわけですが…さらに話題を呼んだのはその翌年。

すなば珈琲が初出店したほぼ一年後…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2015年の5月にスターバックスが開店してしまったんです。笑

当然ながら、すなば珈琲はどう対応するんだ?と話題になったわけですが、すなば珈琲はこれに対して…

”大ピンチキャンペーン”を実施したり、森永のお菓子と「崖っぷちコラボ」を実施したり、自虐を織り交ぜながら話題作りに成功。

※スターバックスとともに共存し、むしろ相乗効果を生みながら鳥取随一の観光地に成長しました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

鳥取県のイメージ調査でも例年上位に食い込む、まさに鳥取を代表するスポットになりました。

※現在では鳥取県がコーヒーの購入額で全国1位になるほどのコーヒーブームを巻き起こしています。

鳥取のイメージ調査でも上位に入り、もはや鳥取の観光地として地位を確立しているんですね。

※そのユニークな戦略はホームページをチェックするだけでも伝わってくるので、気になる人はホームページをチェックしてみて下さいね。

・・・

そんな『すなば珈琲』は、スタバが進出してからも店舗を拡大し、現在は10店舗を展開中。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

1号店である鳥取駅前店は移転のために6月に一時閉店。今回は移転オープンしたばかりの新店舗に行ってきました!

※初代の店舗、行ってみたかったですが…。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

店内はカフェというよりは喫茶店に近い雰囲気。

※落ち着いた雰囲気で、スタバとは全然趣が違います。お客さんも食い合わないんじゃないかなと感じました。

しかも、珈琲よりも食事に力を入れているような印象がしました。結構がっつり食事できます(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

珈琲はシンプルであっさり目なので、比較的オールマイティに愛される味なんじゃないかと。食事にも合います。

※変に気取りすぎず、地元の人に愛されているのもわかる、居心地のいいお店でした。ちなみに、観光客の人もかなり多かったです。

派手さはないけど、なんだか行きたくなる。そんな感じでしょうか。

また鳥取に行った時には、絶対行こうと思いましたね。素敵なお店でしたよ。

・あわせてチェック
鳥取の出会い鳥取(割り切り出会い掲示板)鳥取の童貞