1日中遊べる愛知のテーマパーク「ラグーナテンボス」

皆さんこんにちは、愛知在住の25歳のサラリーマンです。

生まれも育ちも愛知県で、大学も愛知の大学に通い、愛知県内で就職したという、根っからの愛知っ子。”地元愛”も人一倍です。

豊橋市を流れる川

地元は、名古屋から少しだけ離れた場所なんですけどね。

…とはいえ、愛知といえば確実にみなさんが抱くイメージは「名古屋」でしょうし、県外の人に会っても必ずそう言われます。

職場で談笑

あと、愛知県民、そして名古屋市民は地元愛が強いんですが…実際、ほかの地域に行くと、意外と知られていないよな~、と思うことも結構あるんですよね。

日本有数の大都市のはずなのに、東京や大阪、福岡に比べると、あんまり知られていないんですよね。

愛知と言えば名古屋城

皆さんも、言われてみれば愛知のことって、実際よく知らないってなったりしませんか?

しかも、名古屋以外のことは全然わからない…。

・・・

色々と人の話を聞いていると、そうじゃないんだけどな~、もっと知ってほしいな~、って思うこともあるんですが、中でも僕が気になったのは…

ばってん

愛知は、”テーマパーク的な遊びに行く場所がない”というイメージを持っている人が結構いること。

ディズニーランドやUSJのような、アトラクション中心のテーマパークや、ハウステンボスのようなリゾート施設的なテーマパークなど、日本には様々なテーマパークがありますが…

名古屋市内を走る電車

愛知にはあまりイメージがないんですよね。

最近はレゴランドができたので話題にはなりましたが、全国から人が集まっているのか…というとまだまだ微妙な立ち位置。

参考:妻に休日をプレゼント 〜息子と二人『名古屋レゴランド』で充実した時間を過ごした話

・・・

しかし、皆さんが知らないだけで、愛知には素敵な総合リゾートテーマパークがあるんです。

それが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「ラグーナテンボス」です!

園内の雰囲気を楽しむことも出来て、遊園地のように遊べて、夏には巨大プールで楽しめる巨大施設になっています。

ラグーナテンボスのミュージック花火

僕はこのラグーナテンボスの近くの地域に住んでいて、昔から好きな場所の1つなので、この点に関しては訂正したいというか…

皆さんにぜひ知ってほしいなと思っています。

・・・

という事で、今回はラグーナテンボスとその魅力について紹介します!

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ラグーナテンボスは2001年に開業した複合リゾートテーマパーク。

当初は「ラグーナ蒲郡(がまごおり)」という名前で営業していて、その名の通り、名古屋市の南東にある蒲郡で営業しています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

中心施設はテーマパーク「ラグナシア」、ヨットハーバー「ラグナマリーナ」、アウトレットモールやレストランなどの「ラグーナフェスティバルマーケット」、温浴施設「ラグーナの湯」と…

とにかく盛りだくさんの施設になっています!

ラグナシアは、他の大型テーマパークにも引けを取らない雰囲気と広さを持ったテーマパーク。遊園地エリアのほか、夏場はプール&ナイトプールもあります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

さらに今年は、夏場限定の日本最大級会場ウォーターパークなんかもオープンして話題になっていました。

遊園地エリアは、種類も規模も昔ながらの遊園地と、大型テーマパークの中間といった感じで、USJのアトラクションのようなものを求めるとちょっと厳しいかもしれませんが…

子供から大人まで、誰が行っても楽しめる絶妙なバランスなんじゃないかなと個人的に思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

定番アトラクションから、ちょっと近未来風というか、光などを用いた変わったアトラクションがいくつかあって…

新しい楽しみ方が発見できると思いますし、一日中遊べますよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみにフェスティバルマーケットは、アウトレットやレストランが入った複合施設。

これだけでも十分な規模ですし、当然ながら、ここだけを目的に来る人もたくさん。僕もアウトレットモールのためにラグーナテンボスに来ることはよくあります。

家族で食事をするときにここまでやってくる、なんてこともありましたね。

・・・

そして、僕は実際に利用はしていないんですが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「ラグナマリーナ」では、船舶の免許教室やセーリングスクールなどが開校されています。

あまり興味のない人もいるかもしれませんが、夜には美しいイルミネーションが輝くため、船に興味のない人にも大人気のスポットとなっています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ラグーナテンボス内の各施設は独立しているので、こんな風に地元の愛知県民なら目的に合わせて施設で遊んだりできます。

そして、県外から来られる場合は、一日かけてテーマパークで遊び、買い物を楽しみ、味わいつくせますね。

・・・

そして、県外の人はそのまま夜には宿泊、となるわけですが、もちろん、ラグーナテンボスにはホテルも完備!

しかもロボット接客で話題となっている…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「変なホテル」があるんです。

ハウステンボスや、ディズニーランドの近くにあることで有名な「変なホテル」ですが、実は愛知でも体験できるんです!

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「変なホテルに泊まってみたい!」という人も一度、愛知に是非いらしてください。温泉施設もあるので、至れり尽くせりですよ。

いかがですか?

皆さんも、定番のテーマパーク以外の場所にもいきたいと思ったら、ぜひとも愛知旅行を検討してくださいね!

・あわせてチェック
愛知の出会い愛知(割り切り出会い掲示板)愛知の童貞