赤坂に全国の伝統工芸品が集結 〜『伝統工芸青山スクエア』で改めて日本の魅力を発見しよう

みなさんこんにちは、僕は赤坂で働く25歳のサラリーマンです。

赤坂の街

赤坂というと…セレブの街?

というか、まあ、庶民にはあんまり縁のない街、みたいに考えている人はいないでしょうか。実は僕もそうでした。

※東京出身ですが、赤坂なんて好きなバンドのライブを見に2、3回行っただけです。そのライブハウスも駅からすぐ近くなので、ちゃんと赤坂の街を歩いたことなんて記憶にありません。

しかし、就職した企業の本社が赤坂にあるので、必然的に僕も赤坂に日常的に行くようになりましたね。

・・・

でも正直最初は、ちょっとびびってたんですよね。(笑)

日枝神社とオフィスビル

僕なんかが街を歩いていると…”値踏み”されてるじゃなないかなぁ?とか。笑

もちろん、実際にはそんな事はなくて。別に誰でも気軽に訪れることのできる街であるということは実際に過ごし始めると分かるようになっていくワケなんですが。

…でも、最初はやっぱり慣れるまで怖かったです。(笑)

※まあ、実際にこの付近は僕のようなものが行く場所じゃないなって思うエリアは今でもありますし、ハイソな人が多いなとも感じますけど。

・・・

僕と同じようにビビっている人って、結構いると思うんですよ。

※それに、観光でわざわざ行くような街でもないし、訪れたことがないっていう人も多いのでは?

六本木や青山にもアクセスしやすい赤坂

ですが、立地やアクセス的にも六本木や青山のすぐ隣なのでついでに足を伸ばしてみて欲しいです。

※場所によっては気軽に楽しめますし、観光スポットもいくつかあるので見応えもあるんですよ。

今では僕もすっかり赤坂という街に愛着を持っているので、そういう赤坂のいい所を人に伝えられたらなぁと思っているんです。

・・・

中でも、個人的に大好きで、オススメしたいのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

『伝統工芸青山スクエア』というスポットです。

あまり知名度は高くないんですが、赤坂に行くならかなりオススメです!

※伝統工芸青山スクエアは、赤坂駅からは少し北西に上っていった先にある、赤坂御用地の近くにある施設。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

実は、駅としては青山一丁目のほうが近いんですが、住所としては赤坂。なので、ここを目的に訪れる場合は青山一丁目で降りた方が近いかもしれません。

※まあ、あまり青山一丁目に観光で訪れる事もないかもしれませんけども。

・・・

名前から分かると思うんですが、日本の伝統工芸品が一堂に会する展示場であり販売場です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

実は訪れた人からの評価は非常に高く、観光地の口コミサイトなどでも軒並み高評価を得ているんですが…

それほど世間には知られていない、”超穴場スポット”なんですよね。

※もともとは別の名前で池袋にあったそうなのですが、数年前に赤坂に移転してきたそうですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみにココが、メインの繁華街から少し離れた比較的落ち着いたエリア。

特に遠くから目印になるような看板などはないので、実際に場所を知って訪れないと素通りしてしまうんじゃないかなという感じです。

※ぱっと見は青山らしい、高級ブティックのような入り口をしていますから、最初はちょっと入りづらいかもしれませんが、博物館を訪れる感覚で気軽に入ることが出来ます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

入ってみると一つのフロアにずらりと並んだ伝統工芸品の数々。

思わず胸が躍ると思います。空間も開放的に作ってあるので、実際以上に広く感じられ(実際数も多いのですが)、かなりじっくりと楽しむことができます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

織物や漆器、こけしなどの人形といったおなじみのものから、あまり見たことのない器ものまで様々な工芸品が展示されています。

※伝統工芸品を実際に目にする機会ってあまりないですし、これだけ並んでいるのはそうそうないのではないでしょうか。

・・・

国が定める日本の伝統工芸は全国に200以上あるのだそうですが、こちらではそれらのうち100種類以上が常時展示されているそうです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

全国各地の工芸品が展示されているので、かなり楽しめます。もちろん江戸切子など、東京の伝統品も置いてありますよ。

現在まで受け継がれる伝統工芸を実際に見て触って、購入もできるので、下手な博物館に行くよりはよっぽど楽しめるんじゃないかと思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2階にはライブラリースペースも設置。本気で伝統工芸の振興に力を尽くしているのがよく分かります。

※もっと分かりやすい場所にして、たくさんの人に来てもらってもいいのにな…とも思ったんですが、人が多すぎないくらが、ちょうど落ち着いて楽しめるのかもしれません。

江戸切子

びっくりするほどの高級品から、お土産にもよさそうな手ごろなものまで、いろいろなお土産があります。

見学だけももちろんOKなので赤坂や青山に訪れた際には、ぜひ足を延ばしてみて下さいね。

・あわせてチェック
赤坂の出会い赤坂(割り切り出会い掲示板)