トマトが苦手なパパと息子も克服できた 〜いわき『ワンダーファーム』にトマト狩りに行ってきました

私は28歳、いわき在住の主婦です。

トマト大好き主婦

私はトマトが大好物で、毎日必ず2つは食べています。

※丸かじりで食べるのはもちろんですが、サラダやパスタソースなど、調理法は様々。

程よい甘みと酸味、そして真っ赤でまん丸とした美しいフォルム…。味はもちろんですが、愛らしい見た目も大好きで、トマトのない人生なんて考えられません。

・・・

そんな私には、ひとつの大きな悩みがあります。

トマト嫌いな夫

夫と息子が大の”トマト嫌い”なんです…。

※2人とも、トマトを見るだけでも嫌だ!と言って、食卓に出すことすらできません。

美味しくて健康にも良くて、育ち盛りの息子と不摂生の多い夫には、絶対に食べてもらいたい野菜なのに…。

頑固な性格のパパと息子

頑固な性格の2人は、なかなか食べてくれないのです。

先日、こっそりとサラダにトマトを入れてみたんですが、それも全部残していました。

※夫と息子が、トマトの本当の美味しさや魅力を知らないまま生活していると思うと、すごく悲しくなりました。

私の大好きなトマトを見るたびに「気持ち悪い…」「嫌いだ!」と言われるのもすごく辛いです。

涙する…いわきの主婦

そんなことを考えていると、涙が止まらなくなってしまいました…。

・・・

そんな私を心配した夫と息子が「そこまで悩んでいると思わなかったよ、トマトが食べられるように頑張ってみる…。」と言ってくれたのです。

それならば、という事で…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

いわき市内にあるトマトの楽園『ワンダーファーム』に、家族みんなで行こうという話になりました。

※「ワンダーファーム」は全国でも珍しいトマト専門のテーマパーク。車であれば、いわき四倉ICから約3分、JR四ツ倉駅から車で約15分で到着します。

いわきでトマト狩り

当日はお天気にも恵まれて、まさにトマト日和。

私たちが住む、いわきにこんな素敵な場所があるのは知っていたんですが、まさか家族と行ける日が来るなんて…感動です。

・・・

『ワンダーファーム』では、トマトソフトクリームやトマトショートケーキなどインスタ映え必至のスイーツはもちろん…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちょっと珍しいトマトカレーなど、ここでしか食べられないトマト料理を堪能する事ができます。

また、熟しても赤くならない緑色のサングリーンや、フルーツのようなイエローアイコなど、ワンダーファームでしか出会えない品種が楽しめるトマト狩りを楽しむ事もできちゃいます。

イエローアイコ

楽しみながら健康になれるって、素敵なテーマパークですよね。トマト好き&いわきに住む私にとって、まさに楽園と言える場所です。

・・・

『ワンダーファーム』に到着して、まず一番に”トマト狩り”へ向かいました。

※トマトが苦手な夫と息子は、少し憂鬱そうな表情をしていましたけど。笑

ワンダーファームでトマト狩り

食べず嫌いなところがあるので、一度美味しいトマトを食べれば、絶対に好きになってもらえるという確信がありました。

トマト狩り体験で、まずは美味しいトマトに触れてもらう事にしたんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

トマト狩りは土・日・祝に行われているイベント。

※1日のうち5回、開園されているので、事前に時間をチェックしてから向かうことをオススメします。

私たちは11時の時間帯を選んで、トマト狩りをスタート。ちなみに、トマト狩りは一袋900円で体験できるんですよ。

お気に入りのトマトを収穫

そして、なんとその場で味見もできるので、気に入った品種だけ袋に詰める事も可能なんです。

スタッフの方がトマトの品種や採り方も丁寧に教えてくれるので、収穫が初めてという方でも安心して取り組めますよ。

※トマトのヘタの上にある茎を親指で軽く押すことポキッと折れて、簡単に収穫できちゃうんです。

トマトを収穫する息子

ちなみに、ここのトマトは無農薬で栽培されているので、洗わなくてもその場で新鮮なトマトをいただくことが可能です。

・・・

私は”フラガール”というトマトをいただきました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

赤以外にも、黄色とオレンジ色の長卵形で、濃厚な甘さがありフルーツのような食感が特徴です。

甘くてジューシーで、野菜というよりは…まるで果物を食べているような感覚!

※私は毎日トマトを食べていますが、こんなに美味しくて食べやすいトマトとは初めて出会いましたね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

早速、夫と息子にもすすめてみました。

※2人とも「今ここで食べるの…?」という不安な表情をしていましたが、採れたてが一番美味しいということを知ってほしかったので、強引に食べてもらいました。笑

すると2人揃って「美味しい!!これ本当にトマト?!」と言って驚いていました…私も嬉しい!!

「いわきで栽培されているトマトは美味しいんだよ。」ということを、理解してもらえただけでも、ワンダーファームに来た価値があります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみにトマト狩りでは、トスカーナバイオレット、イエローキャロル、カンパリ、など、普段はなかなかいただくことのできないトマトをたっぷりと収穫しました。

・・・

帰り際、息子が「トマトのソフトクリームが食べたい!」というので…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「Cafe WONDER」に立ち寄って、”もこもこソフト(トマト味)”を購入。

まさか、あれだけトマト嫌いだった息子がトマトのソフトクリームを食べたがるなんて…。笑。大きな進歩です。

※いわきの「ワンダーファーム」でトマト狩りを経験して、夫も息子もたった1日でトマトが大好物になりました。

いわきの美味しいトマトたち

帰宅してからも、収穫したトマトを種類ごとで食べ比べしながら盛り上がりました。

…こんな日がやってくるなんて、まるで夢を見ているようです。

※ワンダーファームを訪れる事で、トマト嫌いが解消できちゃいました。狙い通りでしたね。笑

いわきに訪れた方は、一度足を運んでみて下さね。

・あわせてチェック
いわきの出会いいわきセフレいわき(割り切り出会い掲示板)