美観地区もいいけど、倉敷に行くなら寺社も巡ってみよう

こんにちは、岡山県倉敷市出身の25歳の男です。大学で関西に出てきて、現在は関西でシステムエンジニアの職についています。

C+A Mediaさん(@cplusamedia)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

地元・倉敷のことは好きですし、就職に際して実家に帰ることも考えたのですが、やっぱり仕事を選ぼうと思うと都会に出るほうがいいかなという結論に至り、関西にいます。

・・・

大学のころから、出身が倉敷というと、結構「いいな~、素敵な街だよね。」というリアクションをもらうことが多くて、結構倉敷のイメージっていいんだなって気付いて、びっくりしました。

確かにいい街ですけど、地元民からすると…あんまり何もない田舎だけどな、と思うんですけどね。

Kengo Kambaraさん(@capicarry)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

…で、やっぱりみんなの話を聞いていると、倉敷といえば、美観地区。風情のある街。っていうイメージなんですよね。

参考:倉敷の歴史ある街並みと魅力を紹介

まあ、もちろん倉敷としては美観地区を観光地として推しているわけですし、素敵なスポットではあるんですけど、他にあんまり観光すべき場所もないし地味だよな、と。

Millさん(@chocochoco2237)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

たまに、美観地区以外だとどんな観光があるの?

…と聞かれたりもするんですけど、あんまり観光地って感じの場所は思い浮かばないんですよね。地元民だからこそかもしれませんが。

ただ、お寺好き、パワースポット好きの人には結構面白い町かな、とも思ったりりもします。

・・・

というのも、和風な町の雰囲気・イメージにたがわず(?)倉敷ってお寺や神社が結構あるんです。

Jh Kangさん(@jh.kkang)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私は母方の実家がお寺だったのでお寺にはちょっと敏感なんですが、結構、訪れて損しないというか、大きかったり、オーラの強いお寺さんが結構あるんです。

しかも、倉敷の観光地からもそんなに遠くない場所も色々あって、美観地区に訪れた際にはついでに立ち寄ってみるのもいいんじゃないかなと。

もちろん、中心市街から離れた、ちょっとマニアックなお寺巡りも楽しいと思います。

usako42さん(@goshuin42)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

…というわけで、”倉敷観光の際にはお寺や神社もあわせて見に行くと面白いと思いますよ!”と、人にはいうんですが、大概はあんまりいいリアクションは返ってこないですね。(笑)

でもお寺、神社好きだったり、パワースポット巡りが趣味っていう人には結構受けがいいので…

これからもめげずに倉敷のお寺や神社のPRに努めたいと思っています。(笑)

・・・

ということで、倉敷の寺社をさっそく紹介。まず最初は…

sachiyo ♥치요♥さん(@sachiyo581102)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「円通寺」です。

美観地区からは少し離れた地域にあるお寺で、小高い丘の上にある曹洞宗のお寺。とはいえ、新倉敷駅からそう遠くありませんし、訪れやすい場所です。

oii_Hiiro_iioさん(@attack_zy)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

創設年などは不詳ながら、有名な行基によって開かれたと伝えられ、「中国三十三観音霊場」や、山陽地方の「山陽花の寺二十四か寺」にも数えられる由緒あるお寺です。

歌人としても知られる、良寛和尚という江戸時代の有名な僧が修行したお寺としても知られていて、境内は岡山県の指定史跡、所蔵する菩薩像は倉敷市の指定文化財となっています。

小林旅人さん(@wagasaya.tabito)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、なんといってもこのお寺の一番のポイントは、境内とその周辺に整備された円通寺公園も含めた景観。

春には境内にツツジやサツキなどの花が咲き乱れ、非常に美しいんですよね。

Yuka Ikedaさん(@ike56rinrin)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

また、小高くなっているので、そこから見渡せる地域の風景はまさに絶景。倉敷はあまり高い建物もないですし、かなり素敵な景色です。

また、秋には「良寛まつり」が開催され、茶会や歌と踊りの奉納などが行われる地域密着型のお寺でもあります。

倉敷に住んでいる人もぜひ、足を運んでみてくださいね。

Shigeru Numaguchiさん(@shigeru_numa)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

続いて紹介するのは「阿智神社」です。

こちらは美観地区の近くにある鶴形山という小さめの山の上にある神社。1700年を超える歴史を持つといわれ、外観からもその歴史の長さと威厳を感じさせる佇まいとなっています。

一人一さん(@greenwood_tree)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

渡来人だった阿知一族が作った庭園が起源だと言われていて、境内には鶴亀様式とよばれる古代庭園があったり、磐座(ありがたい岩)があったりと、一風変わったポイントが多いのも特徴。

@purechnがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この他にも、日本最大・最古と言われる「阿知の藤」がとても美しいことで知られています。

美観地区からも近いのですごく行きやすいのでオススメです。藤のシーズンにあわせて行ってみてくださいね。

そして、阿智神社のお隣にあるのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「観龍寺」です。

平安時代に開設され、幾度も伽藍の焼失などを経ながらも、倉敷の街を見守り続けています。かつては阿知神社も、この寺の境内にあったみたいですね。(明治時代に神仏分離令などもあり、今では完全に分離されています。)

Giantbike Taiさん(@giantbiketai)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

倉敷は天領(江戸幕府の直轄地)だったため、幕末には長州藩の第二奇兵隊の脱走兵の襲撃を受けました。その際に脱走兵たちが陣を張ったのがこの観龍寺で…

その時に付いた槍の傷跡が今も残っています。

ちょっとだけマニアックかもしれませんが、歴史好きの人にもオススメですね。

Matsu (マツ)さん(@matsu_ok_rock)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

いかがでしたか?

皆さんも倉敷を訪れた際には、ぜひ寺社を訪れて倉敷の歴史を感じてみてくださいね。

・あわせてチェック
倉敷の出会い倉敷セフレ倉敷(割り切り出会い掲示板)倉敷でセックス