老舗企業が並ぶ日本橋 〜200年以上の歴史を誇る『和紙のはいばら(榛原)』のショップに行ってみた

皆さんこんにちは。僕は、東京・日本橋のオフィスで働いている40歳のサラリーマンです。

子供といっしょに

秋田から上京してきて、ずっと外様のような気持ちを感じながら東京で生活してきて20年ほどが経ちましたが…数年前に結婚し、子供もできました。

※地元で住んでいた時間より東京に住んでいる時間の方が長いんだなあ、ということを自覚し、最近はようやく自分もこの街の人間となったのかもなぁと実感している今日この頃です。

東京・日本橋

自分の働く街・日本橋というと、若い頃は「地味でつまらない街」のように感じていましたが、歳をとってきたせいか…

この街の持つ歴史や意味といったものの重さを実感し、すごいなぁと感じるようにまでなってきました。

日本橋・三越前

正直なところ、日本橋はオフィス街で、東京の数ある街の中では多少地味な方になると思うんですが…きちんと見てみると、素晴らしい街なんです。

参考:日本橋はサラリーマン以外、受け付けない街!?

近年は、”日本の伝統文化”が国内はもちろん、世界的に注目されていますが、そうした日本の伝統文化を感じることのできるお店や施設、老舗企業も日本橋にはたくさんあるんです。

※この辺りは、外国人観光客も増えていますが、日本人の観光客は思ったほど多くないという現状はちょっともったいないかな、とも思いますね。

日本橋茅場町

日本の文化が世界で賞賛されているっていうのは、案外暮らしている私たちには実感しづらいんですが…

日本橋をはじめとする、山手線の東側に当たるエリアに一度足を運んで色々な伝統技術などを見てみると、必ず価値観が変わると思います。

※と言いつつ、私も少し前まではあまり興味がなかったんですが。汗

・・・

ここ数年、オフィス街としてだけでなく、そうした日本の伝統を守る街としての”日本橋”の姿に注目しながら街を歩いてみる事も増えました。

※そうしたら、すごく視野が広がったというか、「こういうことか!」と。東京オリンピックを前に、そうした日本の伝統文化にもたくさんの人が触れるべきだよなと感じます。

・・・

というわけで、今回は、そんな日本の伝統文化と技術に出会える日本橋のお店を一つ紹介したいと思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それが『はいばら(榛原)』というお店。

※ネットなどでも検索すれば大量の情報が出てくる、超有名店です。

この「はいばら」が取り扱う商品というのが”和紙”なんです。

※何度も触れたことがあるような気はするけど、意外に思い返してみると普段の生活の中であまり気にした事もない和紙ですが、そんな和紙の魅力を改めて教えてくれる素敵な老舗なんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「榛原」は1806年創業、なんと200年以上も続く超老舗和紙店・メーカー。

創業時から日本橋に店を構え、現在でも日本橋駅を出てすぐの場所で営業を続けています。

※2年ほど前に新装オープンしたばかりということで、この建物を見るだけでもお店に興味が湧くんじゃないかな?と個人的には思いますね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

明治初期にウィーン万博やパリ万博など、世界の万博で初めて和紙のブースを出展したのも榛原なのだそうです。

大正時代以降、製紙が機械化されていく中で、日本で初めて計測記録紙の国産化に成功したのも榛原なんだとか。まさに、日本の和紙文化を支え続けてきたメーカーといって差し支えないでしょう。

※ちなみに万博の頃にヨーロッパに持ち込まれた榛原の和紙は、現地の美術館で保存されているみたいですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

さらに竹久夢二をはじめ、日本の名だたる画家を援助するなど、画家との交流も深く、そうした画家の作品をモチーフにした作品が多くある事でも知られています。

※もちろん、それらの画家が榛原のために書き下ろした作品もあります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

日本文化が改めて注目される中、海外からの観光客も多く訪れ、お土産としても非常に人気が出ているんだとか。

確かに、和紙なら軽くて運びやすいですし、お土産としては喜ばれそうですよね。

※海外展開も行っていて、榛原の和紙は日本の伝統文化の一つとして、海外のお店でも高い人気を誇っているんだそうですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

お店に入ると、当たり前ですが所狭しと和紙製品が。

その華やかな雰囲気は、まるで着物屋さんのよう。封筒や便箋、ノートなどはもちろん、和紙を使った箱やカレンダーなどの小物も多いんです。

※改めて和紙の汎用性や機能性といった魅力を発見させられてます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

外国人あてじゃなく、日本人同士でもちょっとしたプレゼントにも最適。

日本橋に普段から行く機会があるのに訪れないのは…ちょっともったいないんじゃないかと思います。

商品はオンラインショップでも買えるので、ぜひチェックしてみてほしいですし、東京・日本橋周辺に訪れた際は、一度店舗に立ち寄ってみては?

・あわせてチェック
日本橋の出会い