新潟で亡き妻と一緒に食べたご当地グルメを思い出した…

定年退職をして妻が亡くなり、今は1人で生活をしています。

そんな中で唯一の楽しみと言えばやっぱり旅行ですね。旅をすることで寂しさや孤独を忘れることができるんです。

新潟は亡くなった妻といつもデートしていた思い出の地

新潟は亡くなった妻といつもデートしていた思い出の地なんですよ。

街を歩くことで、妻が近くにいるような、そんな気持ちになるんですよね。新潟といえば『美味しいお米が採れる』『冬は雪が多い』というイメージがありますよね。

しかしそれだけではありません。

萬代橋や佐渡島などの多くの観光地があり、レッド焼きそばや半身揚げなどの美味しいご当地グルメもたくさんあるんです。観光とグルメの両方を楽しむことができるっていうのは嬉しいですよね。

私は食べるのも大好きなので、旅先では美味しいものをお腹いっぱい食べていますよ。

タレかつ丼

とんかつ太郎では新潟のご当地グルメ『タレかつ丼』をいただくことができるんですよ。

昭和初期に新潟市西堀で『とんかつ太郎』を経営していた小松道太郎氏が考案したメニューなんですよ。揚げたカツを甘辛醤油タレにくぐらせてご飯の上に乗せた物で食欲をそそりますよ。

新潟へ来ると、必ず私はこの『タレかつ丼』をいただきます。

shimafuji sakiさん(@shimafood_cooking)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

現在は新潟県内の70店舗以上のお店で提供。JR新潟駅から新潟交通古町方面行きバスに10分乗車し、古町で下車してから徒歩5分の場所にある『とんかつ太郎』はタレかつ丼発祥の地なんです。

観光で行くのであれば絶対に足を運んでおくべきですよ。
店内はカウンターとテーブル席があって、リラックスしながら食事ができますよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

1番人気の『かつ丼』¥1,050は、甘辛ダレにぐぐらせた薄いカツがご飯の上に乗っているんですよ。

スタミナをつけたいと思ったときには食べておくべき逸品ですよ。カツはサクッとした食感で、タレの味はやや濃い目なのでご飯が進みますよ。

カツは値段によって2枚~7枚で選ぶことができるんです。

お腹が空いているときには7枚を選んでみるのもいいですね。営業時間は11:30~14:30 / 17:00~20:00です。観光で新潟のご当地グルメが食べたいと思ったときにはオススメですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「みかづき」も素敵なお店ですよ。

こちらのお店は、妻がまだ生きていたころ2人で訪れたことがあります。メニューのイタリアンは1959年に中央区の甘味喫茶『みかづき』のオーナーであった、三日月晴三氏によって考案されたものだそうです。

やっぱり地元でしかいただくことのできないものを堪能したいと感じるものですよね。

7757Fさん(@a7757f)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

イタリアンはソース焼きそばに具材が入ったトマトソースを上掛けした新潟のB級グルメなんです。現在は、カレーソース・ホワイトソース・エビチリなどを掛ける物もあるんです。

地元の雰囲気を味わいたいという時にもオススメのお店ですよ。

新潟駅より徒歩5分の万代シティバスセンタービル2Fにあるから、気軽に訪れることができるのも嬉しいですよね。

営業時間は10:00~20:00なので、ランチでもディナーでも楽しむことができますよ。

 

View this post on Instagram

 

Rie Aikawさん(@rie7010)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そういえば、妻はメトロポリタン松島の『鯛茶漬け』が大好きでした。

コシヒカリに鯛を乗せて出汁を掛けて食べる絶品グルメですよ。妻はこのメニューが好きで、おいしいおいしいと何度もいいながら食べていたことを思い出します。

最寄り駅から徒歩3分のところにあるので、気軽に立ち寄ることができますよ。

@yuuichi_footがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2010年の「全国ご当地どんぶり選手権」で3位、2012年の「国際ご当地グランプリ」で準グランプリを獲得しているというのも魅力的ですよね。

『鯛茶漬け』¥840はコシヒカリの上に焼いた鯛の身・三つ葉・とびっこ・岩のり・柏崎産もずくなどが乗せてあるんです。

これだけでも十分美味しいんですが、熱々の鰹のだし汁を掛けて食べるんです。

mikiyamauchiさん(@mikiyamauchi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

現地の魅力を存分に感じることのできるメニューですよね。

海苔の風味・ダシの香り・鯛の旨味が感じられるとても上品な味わいです。営業時間は11:00~19:00ですよ。

Masayasu Matsushitaさん(@pikamatsu)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「天ぷら 若杉」も美味しかったですね。

上越地域の郷土料理の『するてん』は昔から上越地域で食べられているメニューなんです。

一夜干しの塩スルメを天ぷらにした物なんですよ。お酒のおつまみにぴったりです。いくらでも食べれてしまう絶品おつまみですね。

お店ではその日に獲れた地元の食材を目の前で揚げてくれるんですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sendai Motionsさん(@sendai_motions)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

とても新鮮な食材をしようしているので、どれも美味しいです。

お店のおすすめの『元祖するてん』¥540は日本海産の新鮮な塩スルメを揚げた天ぷら。

冷たいビールと一緒にあつあつの天ぷらをいただくと休日を過ごしているな〜という気持ちになります。衣はサクサクで噛みしめる程に味が出て美味しいです。

一度食べたらクセになる味わいですね。

新潟には美味しいグルメがたくさんあります。ひとり旅でも十分楽しめるので、出かけてみてくださいね。

・あわせてチェック
新潟の出会い新潟セフレ新潟(割り切り出会い掲示板)新潟の童貞