”お煎餅姉妹”が行く!『新潟せんべい王国』で、ばかうけ味付け体験を楽しんで来ました

私は新潟在住の21歳になる女子大生です。私には4つ歳の離れた妹がいるんですけど…

お煎餅

姉妹そろって”お煎餅”が大好物なんです。

※朝昼晩、毎日3食必ずお煎餅を食べるほどの煎餅好きで、家族や親戚から“お煎餅姉妹”と呼ばれています。笑。

・・・

そもそも、私たちの暮らしている新潟は…

新潟の米で作ったおにぎり

とにかくお米が美味しいんです。

美味しいお米を使用したお煎餅やあられなど米菓の生産も盛んで、その生産量はなんと全国の半分以上と言われているんです!

※姉妹そろってお煎餅が大好物になってしまうのも無理はないですよね。笑

・・・

そんな私たち”お煎餅姉妹”が、聖地としてしばしば足を運んでいる場所が…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

『新潟せんべい王国』です。

お米の形を模した米菓として親しまれている「ばかうけ」を製造する、株式会社栗山米菓が運営しています。

ここは年間約30万人もの人が訪れるという、まさに…お煎餅のテーマパーク。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

先日も仲良く2人揃って、新潟せんべい王国を訪れました。

※最寄駅は新崎駅。そこから徒歩20分ほどで到着します。

・・・

では、さっそく『新潟せんべい王国』の魅力をご紹介。

館内は「体験館」と「お土産館」の大きく2つに分かれています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「体験館」では、工場見学や巨大お煎餅焼き体験、ばかうけ味付け体験などを楽しむ事ができます。

工場では、新潟県内産コシヒカリ100%の手焼き煎餅・米兆が7種類、1日に約1,000〜1,500枚も焼いているそうです!

※別工場の機械で製造されているばかうけは、なんと1日で100万枚というから驚き。汗

ちなみに、この日は「ばかうけ味付け体験」(税込1,200円)を楽しむことにしました。

何を隠そう、“ばかうけ”こそが、私たちが愛して止まないお煎餅だからです。

・・・

体験ではまず、ばかうけ15枚を3つに分けケースに入れて、10種類の味のパウダーから好きな味を選びます。

パウダーの種類は豊富で、コンソメや甘口カレーといったスタンダードなものから、ほうとうやコーンポタージュなど、ちょっと珍しい風味まで揃っています。

そして、お気に入りのパウダーをケースに投入して、割れないようにシャカシャカとばかうけをシェイク〜。

※体験ポイントは「様々な風味をミックスできる」ところにあります。味覚のセンスが問われる繊細な作業。個性的な味が多いので、慎重に吟味して選ぶようにしましょう。

私はイカ七味マヨ味、あさりバター味、えだまめ味を選択しました!完成後はかわいい専用ボックスに入れて持ち帰る事ができますよ。

・・・

そして「お土産館」は飲食コーナーが充実。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ここで絶対に食べておきたいのが、”ばかうけコロッケ”です。

「新潟せんべい王国」へ来たからこそ食べられる、まさに伝説の一品。注文してから作ってもらえるので、揚げたてをその場でいただくことができるんですよ。

※ばかうけの形をしたかわいいコロッケは160円。ブラックペッパーの辛味が効いていて、お酒のおつまみにもオススメです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

妹は「せんべいソフト(チョコ&柿の種)」を注文していました。

ソフトクリームに柿の種とチョコ!というちょっと不思議な組み合わせですが、柿の種の香ばしさとチョコレートの甘みが意外にマッチするんです。

※甘塩っぱい味わいがクセになる一品で、あっという間に完食してしまいました。笑

・・・

そして、新潟観光で訪れた人にオススメしたいのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ここでしか購入できない限定の”ばかうけ”です。

※「イカ七味マヨネーズ味」「せんべいソフトクリーム味」「若鶏の半身揚げカレー味」、この3つの味が、新潟せんべい王国限定で販売されています。

おつまみ系とスイーツ系、どちらのフレーバーも揃っているので、家族や友人へのお土産にもぴったりです。

・・・

その他にも、普段はなかなかお目にかかれない“ばかうけグッズ”や地元・新潟のお菓子も販売されているので、お土産探しに困ったときは訪れてみて下さい。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私のオススメは、ばかうけのキャラクター”バリンとボリン”のぬいぐるみですね。

グッズの種類は豊富で、バリンとボリンが描かれている文房具やトートバッグ、ハンカチ、タオル、Tシャツなどが揃っています。

※もちろん私と妹は、ばかうけの大ファンなので、ほとんどのグッズは揃えています!笑

・・・

そして最後に訪れたのは…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「ばかうけ稲荷」です。

なんと、新潟せんべい王国には由緒正しいお菓子の神様が祀られた神社があるんですよ。

※実際に、新潟県の新発田市にある大友稲荷様から分堂し、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛を願って建立された神社です。

創業社長である栗山源太郎氏の厚い信仰心により、栗山米菓だけでなく、米菓全体の発展のために1947年創業時に建立されました。

※その後、1964年に起きた新潟地震でこの地に拠点を移した際に現在の大きな御社に建て替えられたそうです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ばかうけ稲荷では、狛犬ではなく、ばかうけのキャラクターであるバリンとボリンが神社を守っています。

・・・

そんな私たち”お煎餅姉妹”は、新潟せんべい王国を訪れる時に必ず「ばかうけ稲荷」を参拝します。

お煎餅姉妹

お願い事はただひとつ、「これからも美味しいお煎餅を毎日食べられますように…」それだけです。笑。

※様々なお煎餅を味わえて、アクティビティも充実している新潟せんべい王国は、新潟せんべい“天国”と言っても過言ではありません!笑

お煎餅がなによりも大好きで大好物!という方は、一度訪れてみて下さいね。

・あわせてチェック
新潟の出会い新潟セフレ新潟(割り切り出会い掲示板)新潟の童貞