新潟に来たら本土だけじゃもったいない 〜自然と砂金も魅力の佐渡島に行ってみよう

どうもこんにちは、新潟県新潟市出身、23歳のOLです。

23歳のOL

わたしは大学生のころは京都に進学し、昨年大学卒業を機に就職で再び新潟に帰ってきました。

※関西の生活は楽しかったですし、友達もいたりするので、そのまま関西に残るかどうか悩みましたが、やっぱり地元が好きですし、将来的に地元の役に立つ仕事がしたいと考えているため、帰って来ることにしました。

新潟県新潟市

やっぱり地元に帰って来てみると…地元はいいな~と思います。

一度地元を離れたことで、改めて地元の魅力に気づく、ということもあるものですね。今はバリバリ働きながらも、地元に貢献できる活動はないかな~、と考えているところです。

代々新潟の住人

そんな地元大好きな私ですが、私の一族は、代々新潟の住人で、さかのぼれないくらい昔から新潟に住んでいたようです。

※なので、新潟ってものすごく広いのに、新潟のどこに行っても親族がいる、という状況で、まだあったことのない親族もたくさん新潟にいるんだそうです。すごいですね。

実家に親戚がたくさんいる

一応うちの実家が本家ということになっているので、お正月などの際には、実家に親戚がたくさんいるんですが、結構な人数が家に集まって、ちょっとしたお祭りみたいになります。

・・・

そんな私ですが…

佐渡島

先日は新潟県は佐渡市、そう”佐渡島”に行ってきました。

※いとこが佐渡島にいまして、昔から行ってみたいなとは思っていたんですが、なんだかんだと行く機会を逃したまま時を過ごしてしまいました。

実はこの歳まで全く行ったことがなかったんですが、今回地元に帰ってきて、やっぱりせっかくだから一度行っておきたいなと。せっかくいとこもいるし。

予想を超える面白い島

そして実際に行ってみたら、予想を超える面白い島で…圧倒されました。

同じ新潟とはいっても、佐渡には佐渡の文化があって、歴史があるんです。

・・・

そもそも佐渡島って、名前しか知らない!という人も多いと思うので説明しておくと…

新潟県の対岸にある島で、本州などを除いた島としては沖縄に次ぐほどの規模を持つ島。

※実は東京や大阪の半分程度の面積がある、結構大きな島なんです。

景勝地もたくさんある島

2つの島の真ん中がつながったような面白い地形をしていて、この島ならではの自然もたくさんありますし、景勝地もたくさんある島なんですよ。

金山

しかし、やはり佐渡といえば歴史的に有名な金山や銀山が有名でしょう。

※平安時代から金銀の採掘は始まり、江戸時代から佐渡金山が発見され、当時は世界でも有数の金山となっていたのだとか。

今でも金山や銀山に関連する施設は多くあり、文化財などにも多数登録されていますし、世界遺産登録も目指しているほどです。

佐渡島へは船で

佐渡島へは船で新潟港や直江津港などの港から行くことが可能。

※結構アクセスはよく、気軽に訪れることができます。2、3時間船に乗ることになるので、船が苦手な人はちょっと大変かもしれませんけど。

人が住んでいる島

実際に訪れてみると、もちろん島感、港感はあるんですが、思ったよりも都会、といいますか…

人が住んでいる島感が強い!

※まあ、それも当然で、佐渡は面積も広いですし今でも6万人近い人が住んでいるということですからね。

自然がいっぱいの島

でも、それでいてちゃんと自然も感じられるこの絶妙なバランス。

屋久島みたいな、自然がいっぱいの島!!っていうイメージで行くとあれですけど、観光目的で行くのならむしろちょうどいいんじゃないかな。と。

※佐渡側から新潟を見てみるとまた違った印象というか、地元を客観的にみられるというか、なんだか改めて色々なことを考えてしまいました。

・・・

今回はほとんど日帰りみたいなスケジュールだったので、観光はそれほどたくさんはしていないのですが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

最初に訪れたのが「佐渡西三川ゴールドパーク」

ここは佐渡の金山の中でも最古から採掘が進められていたといわれる「西三川砂金山」をテーマパーク化したもの。

金に展示も行われているのですが、こちらの施設の目玉は砂金の採取体験。

※たらいを使って砂から砂金を発見するというアトラクション(?)で、多くの人が展示そっちのけでこちらの体験コーナーで砂金探しを楽しんでいました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

正直最初は「う~ん、砂金かあ」、「なんか、ここから砂金を探し出すだけって、楽しいのかなあ。」なんてことを思ったりしていたんですが、参加してみるとこれがまあ楽しい。(笑)

…ただ砂から砂金を取り出すだけなんですけどね。これは大人も子供も夢中になります。

ちなみに、見つけた砂金は持って帰ることが可能で、お金を払えば加工をしてもらえたりもします。

※思った以上に楽しんで帰っている自分がいました。

新潟に来た際には佐渡にもぜひ足を運んで

正直、新潟観光に行こう!っていう人も多くないかもしれないんですが(笑)、もっとみなさんに新潟の魅力を知ってほしいです。

新潟に来た際には、佐渡にもぜひ足を運んでほしいなと思います。

・あわせてチェック
新潟の出会い新潟セフレ新潟(割り切り出会い掲示板)新潟の童貞