静岡でメルヘンの世界を堪能 〜『浜名湖ぬくもりの森』はまるでジブリの世界観に似たスポットだった

皆さんこんにちは。僕は静岡市在住の30歳のサラリーマンです。

静岡で結婚

静岡・浜松に生まれ育ち、昨年は地元で結婚もしました。これから死ぬまで静岡で暮らすことになるでしょうね。

地元が好きな私としては嬉しい限りですね。

浜松市内

地味な街ですし、あまり印象もない人もいるとは思いますが…

静岡って面積も非常に広いですし、自然スポットから観光スポットまで、結構色々なスポットがあるんです。

※名古屋と東京に挟まれているので、わざわざ観光に行くときに「静岡に行こう」と思う人は少ないかもしれませんが、オススメの観光地はたくさんありますよ。有名なスポット以外にもたくさんのスポットがありますしね。

・・・

今回は、そんな、あまり知られていないけど実はステキなとあるスポットを紹介したいと思います。

テーマパーク

そのスポットというのは、とある”テーマパーク風”施設。

テーマパークっていうと、USJやディズニーランドのような、遊園地的な要素を強く持ったものが思い浮かべますよね。

遊園地スタッフ

ですが、テーマパークって実はもともとそういうものではなくて…

何らかのコンセプトを持っていて楽しめる施設ですよね。

※もちろん大抵の場合何らかのアトラクションは必要ですが。

来場者数が多くて注目を浴びている『ふなばしアンデルセン公園』なども、派手な遊園地的アトラクションはありませんが、”テーマパーク”として人気です。

参考:子供も満足な船橋のスポット『ふなばしアンデルセン公園』

・・・

さて、話を元に戻しまして。今回、ご紹介したい静岡のテーマパークというのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

『浜名湖ぬくもりの森』というスポットです。

規模は小さいですが、これぞ”元祖テーマパーク”的な雰囲気を持っている素敵な施設なんです。

※静岡らしい空気感や自然に溢れたスポットなので、ぜひ皆さんにもこんなに場所が静岡にもあるんだ、という事を知ってもらい来てもらいたいです。

浜名湖ぬくもりの森

『浜名湖ぬくもりの森』は、その名の通り…

浜松市の一大観光スポットである浜名湖のほとりにあるテーマパーク施設。

※浜松は名古屋と静岡のちょうど中間なので少し訪れるには遠いということもあるかもしれません。ですが新幹線も通っていますし、高速道路もすぐ近くを走っているので、東京や名古屋、大阪などを旅行などで行き来する際に立ち寄ってもらいやすいと思います。

浜名湖

”ぬくもりの森”もある「浜名湖」は、湖としては日本で3番目の周囲の長さを持つ巨大な湖。

周囲は山に囲まれているという自然豊かな浜名湖。「ぬくもりの森」もその雰囲気をしっかりと感じさせる素敵なスポットでなんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この『ぬくもりの森』の雰囲気を一言でいえば…メルヘン。

中世ヨーロッパ風の雰囲気をイメージしているようですが、多くの人がネットなどで発言しているようにジブリに出てきそうな感じ。

参考:三鷹駅から10分弱 〜吉祥寺からもほど近い『三鷹の森ジブリ美術館』へのバス乗り場案内

ありそうだけど、どこかファンタジックな見た目の建物が出迎えてくれます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

最近ではインスタ映えを求めて訪れている人も多いようですね。

周囲の自然も相まって、やや土着感があって…そういう点は逆に一般的なテーマパークとは違って”味”になってると思います。

※ディズニーみたいに世界観が徹底されすぎていなくて、ところどころにちょこっと詰めの甘さが出ているのも、地元感があってかわいらしく感じます。(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

施設はカフェやレストランが数軒と、雑貨屋さんで、特別なスポットがあるわけじゃないんですが…

その施設全体の雰囲気や、お店で過ごす時間を楽しむって感じ。

※施設自体もそう大きいものではないので、いわゆるテーマパーク・観光地を求めて訪れるとがっかりするかもしれませんが、ハマる人もたくさんいるんじゃないかと思います。

・・・

なんというか、一言で説明すれば…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

観光地というよりも”一つの小さな村”という感じなんですね。

・・・

実はこの「ぬくもりの森」は、もともと佐々木重良さんという方が作り上げたスポット。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

佐々木さんは工務店の長男として生まれ、若い頃にはヨーロッパで修業も積んだ建築家。1991年にぬくもりの森の最初のお店をオープン。

それから長い年月をかけて、ぬくもりの森の施設を広げていったんだとか。

※一人の人間が作り上げたパーソナルな空間というのがこの施設全体の雰囲気を作っていて、象徴している気がします。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに佐々木さんは、2年ほど前に東京の吉祥寺に完成して話題になったメルヘンスポット「吉祥寺プティット村」の設計も手がけています。

しかし、残念ながら2016年にお亡くなりになりました。

私はまだ訪れたことはありませんが、プティット村も猫をコンセプトにした素敵なメルヘンスポットになっているみたいですよ。

参考:まるで絵本の世界!『吉祥寺プティット村』で、小さな非現実を体験しに行こう

・・・

メインの目的地として訪れるのはもちろん、大きな施設ではないですから、短時間でも十分楽しめます。

静岡や浜名湖周辺へ訪れた際は、ぜひ一度立ち寄ってみて下さいね。

・あわせてチェック
静岡の出会い静岡セフレ静岡(割り切り出会い掲示板)静岡でママ活