やっと行けた!高松にあるうどんの名店『山田家』の讃岐本店で、名物の”ざるぶっかけ”を夫婦で食べてきました

私は27歳主婦です。

高松駅周辺の街並み

夫の仕事の都合で高松へ引っ越してきて、半年が経ちました。

※せっかく高松へ引っ越してきたのですが、夫は仕事が忙しく、私もパートを始めたので、2人揃ってゆっくり外食をするチャンスがありませんでした。

・・・

そんな私たちですが、実は”うどん”が大好物!

うどんを茹でる

自分たちで粉を買ってきて、自宅でうどんを打って食べるくらい大好きなんです。

※もちろん、お出汁にもこだわっていて昆布や鰹を取り寄せて、全て自家製で作っています。

しかし、せっかく香川での生活をしているのに、うどん好きな私たちの休みが合わずにお店に食べに行けないなんて。

・・・

そんな、ストレスを感じていたのですが…

夫婦揃っての休日

先日、ようやく2人の休みを合わせることができたんです。

※ようやく一緒にお出かけできる体制が整いました。

・・・

高松には美味しいうどんの名店が数多くありますが、私も夫も以前からずっと牟礼にある『うどん本陣 山田家』へ行くのが夢でした。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

休日にはもちろん、「山田家へ行こう!」という話でお出かけスタート。

・・・

高松市牟礼町にある『うどん本陣 山田家(讃岐本店)』は、江戸末期に建てられた約800坪の広大な敷地を持つ”元酒造屋”をリノベーション。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

四国八十八カ所・八栗寺参道沿いにあり、国指定登録有形文化財でもあるお屋敷共に、美しい庭園を眺めることができる雰囲気抜群のお店なんです。

・・・

ちなみに「山田家」は、うどんにおつゆをぶっかける…

ぶっかけうどん

”ぶっかけうどん”発祥の店とも言われ、うどん好きなら誰でも必ず一度は訪れたい聖地のような場所なんです。

・・・

そんな「山田家」は、高松を代表する讃岐うどんの名店。

高松市民はもちろんのこと全国、全世界から訪れる観光客から支持されている老舗です。

※一日4,000人が行列をつくる讃岐うどんの老舗と言われています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

お屋敷の中でゆったりと庭園を眺めながらお食事ができるので、セルフうどん店に比べるとお値段は少し割高になりますが…

その分、贅沢な時間を堪能することができますよ。

・・・

お店の魅力は“店内の雰囲気が良い”というだけではありません。もちろん、うどんの麺にも深いこだわりがあります。

お店で徹底されているのが、“足踏み・菊練り・手打ち”の手作業です。

うどんの原料である「小麦粉と塩と水」は、温度や湿度など、ちょっとした環境の変化で熟成具合が変わってしまう繊細な素材。

うどんのもととなる小麦粉と塩と水

そのため、毎日同じ味を出すことがとても難しいと言われています。

・・・

ですが、山田家のうどんは味が一切ブレません。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

麺がどんな状態であるか、職人たちがうどんを作り続けていくうちに自然と感じとって、全て手作業で作ることで、味のブレないうどんが完成します。

※これだけ手間隙がかけられたうどんを食べるだけでも、十分価値を感じますよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

夫と私はお店の名物「ざるぶっかけ」を注文。

ぶっかけうどん発祥の地で、ざるぶっかけをいただくなんて、かなり贅沢ですよね〜。

※”ざるぶっかけ”と言っても、ザルに盛られて出てくるわけではありません。水で締めた冷たいうどんが丼ぶりに盛られて出てきます。

別皿に盛られた薬味、ネギ・大根おろし・しょうが・ゴマと徳利に入った専用ダシをうどんにぶっかけて食べるスタイルが、最も人気の食べ方。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私も夫も、初めていただく本場・高松のうどんに感動!

麺のコシや食感、噛めば噛むほどに小麦の旨味を感じるうどんを食べたのは初めてのことで、夫婦揃って興奮状態に…!笑

※私たち夫婦が作ったうどんとは天と地ほどの差がありました。笑

・・・

ちなみに店内は、3つのエリアの座席に分けられています。

母屋にあたる本館は、座敷席が約90席、酒造や長屋門を改装した離れは椅子席を中心に約170席、天気の良い日には、庭園席が約30席が用意されます。

どの席になるかは空き状況次第ですが、個人的には母屋である本館の座敷がオススメ。

この母屋は、その昔お殿様をもてなしたと言われる奥座敷でもあるんですよね。落ち着いた雰囲気で、風情ある庭園をのんびりと一望できるのも乙です。

※また、古い調度品や池の鯉を眺めたり、絶品うどんをいただきながらゆったりとした時間を過ごすことが出来ますよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

お子様連れのファミリーで訪れるなら、庭園席が開放的でオススメです。

※本館など店内は調度品もあるため、動き周る年齢の子供には少し気を遣わなければなりません。ですが庭園ならお料理が出てくるまでの間、少し散歩をしたり、可愛いお花を眺めたりできるので、気分を紛らわせることができますよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに…

お店の名物・ざるぶっかけは、非常にコシが強く歯ごたえがあるので、子供にはちょっと固く感じることがあるかもしれません。

なので、釜上げうどん・たらいうどん・普通のかけうどんなどを注文してみるのも良いかな?と思いましたね〜。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ずっと憧れていた、うどんの名店『うどん本陣 山田家(讃岐本店)』にやっと夫婦揃って訪れることができました。

※同じ高松市内にあるのに、ぜんぜん行けなくて本当に悔しい思いをしていました。泣

以前からお店のことは雑誌やネットなどでチェックしていましたが、実際に訪れてみて、店内の雰囲気や庭園の美しさに圧倒。

もちろん、うどんの美味しさにも感動でした!観光で高松を訪れる方も、ぜひ訪れてみて下さいね。

・あわせてチェック
高松の出会い高松セフレ高松(割り切り出会い掲示板)高松でセックス