八丁堀(日本橋)で体に優しいもの食べたいって時に行くお店『フクロウ』

八丁堀(日本橋)は、茅場から歩いていける日本橋ビジネス街の終着点。

※この辺りまでは美味しい飲食店がギリギリ並んでいる感もあるし、お客さんのほとんどがスーツに身を包んだサラリーマンである。

今回は、そんなサラリーマンの中でも、いわゆる役職付いた人でも連れていけるいい感じの和風・居酒屋である…

フクロウ

八丁堀駅すぐ

『フクロウ』を紹介したい。

それにしても最近、味の濃いものとかカロリーの高そうなものばかり食べていて、食の”インフレ化”が進むばかり。

…なので、ちょっと低カロリーな野菜とか、出汁の効いたもの食べたかったんだよね。

そんな時にはちょうど良く、なおかつ美味しく、なおかつ女子ウケもばっちりなお店が、このフクロウである。

WISE OWL HOSTELS TOKYO

フクロウはバックパッカー向けホステルに併設されている

メインは「おでん」で、オーソドックスなものから肉巻き系とか、少し変わりダネのものまでラインナップ。

※出汁の味付けも、”酒出汁”や”塩出し”そして、スタンダードな”醤油出汁”と豊富。それぞれのネタに合った出汁で提供してくれるので、特に迷う事なし。親切なお店である。

ロールキャベツ

ロールキャベツの中はひき肉じゃなく、バラ肉だった。

ちなみに、お店のコンセプトは”外国人に食べさせたい日本の味”

バックパッカー向けホステルの一階に隣接するように建っていて、2018年にオープンしたばかりのようだ。

ただ客層は…ほぼ日本人しかいない。汗

※隣のカフェみたいな酒場みたいなトコには、宿泊客の外国人の人は何人かいました。

トマト(とろろ昆布)

トマトの酸味と出汁がとても合う

…いや、それでいいんです。日本人こそ、こういう”出汁系”のモノが足りてないんだから。

それにしても、おでんと一口に言うけどインスタ映え感ハンパないネタも多いし、ひと手間加えられた、こだわりのある品々ばかり。

そして食器もイイ。こういうの大事。

・・・

ちなみに、個人的に一番おいしいと思ったのが…

アスパラ肉巻き(味噌)

”酒出汁”でいただく一品。おいしい要素がギュッと詰まってた。

アスパラ肉巻き(味噌)580円

…高い!

わかりますよ。なんでおでんにこんな値段払ってんだ?と思う方も多いでしょう。でもね、手間も食材も味も段違いなんですよ。

そして、やっぱり価格設定が高いので”いい大人”しか店内にいません。日本橋のハイスペックサラリーマンなんだろうな。

※あと「明日葉 島らっきょ 天ぷら」も美味しかったです。一瞬”!?”ってなるけど、食べたら最高。写真はない。

白菜牛肉巻き

たぶん「白菜牛肉巻き」

でもサラリーマンやってたら、こういう”いい店”って必要なんですよね。

取引先を連れて来れるお店、上司に連れていってもらえるお店…こういうの知ってるだけ仕事スキルが全然違うって思う。

そして、お店のスタッフさんも最高。安心して委ねられる感じがたまりませんでした。

・・・

〜八丁堀「フクロウ」オーダーリスト(2人分)

おでん
・白菜牛肉巻き
・アスパラ肉巻き
・トマト(とろろ昆布)
・大根(花かつお)
・玉子

一品
・春キャベツ(自家製辛味噌)
・新玉ねぎ
・明日葉 島らっきょ 天ぷら

アルコール
・瓶ビール(大)
・レモンチューハイ(×2)

…以上でお会計、8,000円くらい。汗

うん。おでんって高いんだね。

・・・

〜追記

フクロウの店内

カウンターは昭和レトロな雰囲気もある

その後、味をしめて再び来店してみました。季節によって変わるメニューもいくつかあるようです。

以下、説明は簡単ですが、いくつかご紹介。

梅水晶

『梅水晶の長芋添え』サメの軟骨を梅で和えたもの。

厚揚げ

定番の厚揚げ

餅巾着と大根

餅巾着と大根。上品な食感とお味でした。

唐揚げ

『地鶏 ピリパリ唐揚げ』唐辛子を乗せてるところがニクい。

玉子

玉子にとろろ昆布で、さらにニクい。

以上、現場からでした。

・あわせてチェック
日本橋の出会い