日本一、ご飯が美味しい本屋さん 〜『丸善(日本橋店)』でいただくハヤシライスが大好き

”日本一、ご飯が美味しい本屋さん”

そんな素敵な場所を求めて、やって来たのは日本橋。

・・・

ここに、僕のお目当ての本屋さんがあります。

日本橋(東京)

一帯は、落ち着いたビジネス街&百貨店が多い

ちょうどこの辺りは、東京駅裏手の八重洲と日本橋の境目くらい。三井グループが幅を利かせているエリアでもあります。笑

主に金融関係で働くビジネスマンが多く、なんかハイレベルな印象。

参考:日本橋はサラリーマン以外、受け付けない街!?

日本橋・高島屋

左手には高島屋

それに加え、お出かけ中の”紳士淑女”の方々が百貨店に入っていくイメージ。観光客はほとんどいませんが、ビシっとスーツを着た外人さんはたまに見ます。

※ちなみにこのまま真っ直ぐ歩けば、銀座へ行けます。徒歩だと30分くらいかかるかもですが。

・・・

さて。そろそろ今回の目的地である…

”日本一、ご飯が美味しい本屋さん”を紹介したいと思います。

それがコチラ。

意外とこじんまりした玄関

意外とこじんまりした玄関

『丸善 日本橋店』です。

※全国に支店を持つ本屋さんで、こちらの日本橋店が本店になります。ちなみに創業は明治2年。確かな歴史がある感じ、僕は好きです。

本店と言っても、本屋のフロアは4フロアのみなので、そこまでめちゃくちゃ大きくはないし、すごく重宝するって感じのお店でもないんですが…

丸善 日本橋店(MARUZEN Cafe)

カフェは3F

実はここには、丸善が運営する『MARUZEN Cafe』があるんです。

ここがめちゃくちゃ美味しくて、居心地がよくて…僕は何度も足を運んでます。しかも店内も広く、座席の間隔もゆったりで文句なし。

※僕は日本橋で歩き疲れたら、自然と足がこの店に向かいます。

・・・

そんな『MARUZEN Cafe』の名物と言われているのが…

MARUZEN Cafe(ハヤシライス)

洋食中心の喫茶店といった感じ

ハヤシライスです。

実は丸善・創業者であり医師や実業家でもある、早矢仕有的(はやしゆうてき)さんが生み出したそうで、今もその味を守るデミグラスソースが人気。

※人気と言っても…よっぽどでなければ並ばずに入れるので安心して下さいね。

オレンジジュース(MARUZEN Cafe)

オレンジジュースで一旦落ち着こう

丸善創業者・早矢仕有的は、もともと友達に肉や野菜をごった煮したものにご飯を添えて友達に振舞っていたそうで、それを”ハヤシライス”と呼んでいたんですね。

それがあまりに美味しかったのか、レストランのメニューにまで登場するようになりました。

※つまり、飲食店で言うと、”まかない飯”がメニューになっちゃった的な感じですね。

ポーク早矢仕ライス

ポーク早矢仕ライス

とても深みのあるデミグラスソースは食べる価値アリ。

※肉や野菜がとろとろに溶け込んだソース、お米に合う味わい、ずっしりとした食器、質の良いカトラリーなど、いろんなバランスがちょうど良く混ざり合った素敵なお店は、居心地も最高ですよ。

早矢仕オムライス

早矢仕オムライスもおいしい

『MARUZEN Cafe』は、日本橋での上品なデートにぴったりの喫茶店。

ご飯が美味しい喫茶店は、もちろんいろいろあると思いますが、本屋さんの中でここまで本格的でありながら落ち着いたスポットは他には無いでしょう。

ぜひ、本好きな人は訪れてれてみては?

・あわせてチェック
日本橋の出会い日本橋セフレ日本橋(割り切り出会い掲示板)