山形には、お土産にぴったりの銘菓がたくさん!

皆さんこんにちは。東京都在住の28歳、バリバリのサラリーマンです。

僕の出身は福岡県。そして大学は大阪に出て、就職で東京に出てきたという…なかなか忙しい経歴の持ち主。

28歳のサラリーマン

まあ、どこでも楽しく過ごしてきましたし、いろんな地域の文化に触れることもできて、いいこともたくさんあったわけですが…

最近、ちょっと困っていることがあります。

結婚式ラッシュ

…それが、友人たちの結婚ラッシュが続いているということ。

それ自体はおめでたいことですし、いいんですが、いろんな地方出身の人とこれまでの人生でかかわってきたもので、みんな結婚式を挙げる場所がバラバラなんですよね。

もちろん祝いたい気持ちはありますし、極力結婚式には出席したいと思っているんですが…実際のところ、結構大変ですよね、出席するの。

披露宴会場

しかも、たまのことならいいんですが、年齢的にも、みんなどんどん結婚して、毎月結婚式、みたいな。

お金もないし、大変なんですよね。まあ友達のためだし行きますけど。。。

山形駅

中でも、大変だったのが山形での結婚式。

大学時代の友人が実家の山形に帰って結婚するというので招待状が届いたんです。友人は「遠いし無理してきてくれなくても大丈夫だよ」と言ってくれていたんですが、割と特別仲良かった友人でもありますし、ここはなんとしてでも行きたい!

というワケで、人生初の山形に行ってきました。

JR山形駅

…いやあ、遠かったですよ、山形。

とはいえ、いい式でしたし、友達の幸せな姿を見られて本当によかったな~、と思いつつ、翌日は日曜日だったのでホテルでまったり。

山形の街をブラブラ

ちょっと観光する体力もなさそうなので、翌日はおとなしく帰ろうかなと思っていたんですが、会社や友人にお土産を買って帰らなきゃいけないなと思ったので街をブラブラ。

ウチの職場はみんなどこか行くと必ずお土産を買ってくるので、自分だけお土産を買っていかないワケにもいかないんですよね。

・・・

で、何を買っていこうかな~と思ったんですが、山形のお土産全然知らない!汗。…翌日お土産もの屋さんで色々と物色したんですが、見てみるとなかなか面白いお土産がたくさんあったんですよ。

山形市内の夜景

そんなワケで…なんだかんだと、いろんな種類のお土産を買って帰ってしまいました。(笑)

・・・

今回は、その中から、特に僕が気に入った山形土産について、紹介したいと思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まず1つ目が「古鏡」

製造販売しているのは、山形の「木村屋」というお菓子屋さんなんですが、なんとあの東京の「木村屋総本店」から分かれて創業した、明治から続くお菓子屋さんなんだとか。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

古鏡は一見まんまるな羊羹なんですが、中心に求肥が入っているのがポイント。

ありそうでなかった味と食感で、和菓子好きには喜ばれるはずです。
名前からも見た目からも”銘菓感”が漂っていますよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

木村屋さんの商品としては、ほかにも洋菓子、和菓子問わずおいしそうなお菓子が大量に販売されていたので…

今度じっくりホームページを見て、お取り寄せしたいなと思っています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

お次が「さくらんぼきらら」「ラフランスきらら」

それぞれ、ゼリーの中にそのままサクランボ、そしてラフランスが入っているという、シンプルながらもインパクトのあるお菓子。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

山形といえばサクランボかな、というイメージがあったので、サクランボのお菓子はポイント高し。

サクランボ1粒がそのまま入っているので…1つでも結構満足感があります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

山形名物サクランボ、そして1つ1つがわりと大きく、個包装なのでお土産にはもってこいだと思います。

味はもちろん美味しかったですが、個人的にはラフランスの方が好みでした。(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

値段もお手頃なので、いくつか買って帰りましたし、会社ではサクランボとラフランス両方配って…

みんなでどっちが好きか言い合うのが結構盛り上がりましたよ。(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして最後が、「からからせんべい」です。

三角形をしたややぶあつめのおせんべいで、いったいこれは何なんだろう?と最初は思うのですが、食べてみてびっくり!

…なんと中からおもちゃが出てきます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

出てくるおもちゃは駄菓子のおまけのようなもので、この”からからせんべい”も、駄菓子のくくりになるそうです。

海外のフォーチュンクッキーに近い感じと思ってもらうといいかもしれません。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

山形県の鶴岡市は、江戸時代庄内藩・酒井家が統治していましたが、酒井家のお殿様は大変甘いものが好きで、庄内地方では数多くの駄菓子が作られていたとのこと。

このからからせんべいもその1つで、山形の銘菓として長年親しまれているんだとか。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

これはお土産として喜ばれること間違いなしですし、特に子供のいる家庭に良さそうです。

他にも面白そうなお土産、実際美味しいお土産がたくさんありましたし、皆さんもぜひ山形に訪れた時には、お土産にも注目してみてくださいね。

・あわせてチェック
山形の出会い山形セフレ山形(割り切り出会い掲示板)山形の童貞山形でママ活